意味不明青年の朗らかな破壊

完全不定期に、小説書くのに行き詰った時や、なんか書きたくなった時に書くブログです。

7.12

とうとう今年もこの時期がやってきてしまいました。明日は、いよいよわいの誕生日です。晴曇空です。

 

毎年こういう誕生日の前後にこういうブログを書いてるんですけど、今年のたんじょぷびはもう嫌で嫌で仕方ないです。

何で嫌なのか、って言うと、誕生日の前後って本当に嫌なことばかりが起きるんですよ。わいがまだ純粋だったころは、プレゼントに買って貰ったゲームを早くやりたくて仕方なくて、本当に楽しみなイベントの一つだったわけですけど、いつからか嫌な思い出ばかりで埋まってしまいましたわ。

特に今年は色々と重なって、本当に来てほしくない日ですね。すぐそばで祝ってくれた人は去ってしまいましたし、今となっては親以外は誰も祝ってくれませんしね。しかも明日は土日なので、大学の連中からのお祝いもないわけですし(というか今年に至っては、祝ってもらえるかさえ謎でしたが)、本当に寂しい誕生日ですわ。

まあ、それが今後親も祝ってくれなくなるでしょうから、こんなところで嘆いてなんかいられない訳ですが、でもまあ最近嫌なこと続きで祝って欲しいっていう所は本音ですね。しかし、まあ、人脈もないので仕方ないか。誕生日に色んな人に祝われている人が羨ましい限りです。

というか、去年の誕生日に「嫌われ者でいよう」とか思ってた気がしますし、今更か。

 

さて、とりあえず明日はバイトですし、また土日頑張ってきます。誰の為かは分からないけど。

なんか他に書くことあったような気がするけど、もういいや。

とりあえずこの辺で。では。