意味不明青年の朗らかな破壊

完全不定期に、小説書くのに行き詰った時や、なんか書きたくなった時に書くブログです。

独りで生きなければならない。

晴曇空という名前がやっぱり嫌になってきました。
まぁ、そこの話はまた今度。

 

ここ最近、表垢を見るのが辛くて、というか辛すぎて、いつも使っているTweet deckというアプリから、本垢のTLと、携帯のTwitterからも本垢ログアウトしました。まぁなんというか、限界というか、この一年間でほんとに弱ってたんだなぁとついさっき布団の中で思いました。

まぁ、そういう話を表垢でしてなかったので、ブログ読んでくださってる表垢の方に報告したかっただけなんですが、まぁいつものようにローな話です。

 表垢をみていると、本当に孤独感がどんどん募っていくんですよね。Twitterを開いてはほぼ毎回のように、誰かが誰かにエアリプを送っている、リプを送っている。でもそこに私は入っていないし、入り込める術もない。

最近、「Remin(e)(d)」というイラストシリーズを投下し始めたんですが、1枚目の

f:id:yuttiigreeeen:20171221132904p:plain

がまあ、私が思ってたことだったりします。いやまあそういう話じゃないんです今回。そこも凄く色々言いたいことはあるんですが、統括すると「構えよ」という結論になります。

 

誰にも支えられないなぁ、って話です。

少しだけ昔話をします。黄苺時雨という輩がいた時の話。

彼女と初めて通話した時、私はまぁそこそこ上の下の生活ができてた気がします。それほど壊れることは無ければ、まぁ高校もほぼ居場所はありませんでしたが、それでも友人はいたりして。そこそこの生活を送ってました。これは後で自分が「あんときは良かったなぁ」と思ったりします。

さて、黄苺時雨という輩と出会って、そこらへんがしっちゃっかめっちゃかになります。生活リズムは段々と崩れて行き、他が見えなくなっていきました。そのうち、黄苺時雨が要因で、私がやっとこさ作り出したコミュニティから外されることになり、黄苺時雨という輩は他の誰かに「奪われ」ました。そして手元に残ったのは、奴が残した依存心の花と孤独という私が昔から抱えている荷物だけでした。これが二、三カ月の間に起こりました。

 

さぁ、ここでめんどくさいのはこの依存心の花と、孤独という荷物、何の因果化こいつら一緒にしちゃいけないんですけどね。なっちゃいましたね。しかも縋る場所なんてどこにもないわけですから、孤独感が増幅して、さらにどん底を突き破って堕ちたんですね。そこが今の僕なわけなんですが。

まぁ、誰にも支え切れませんよね。つい昨日、一昨日実感しました。いや、本当は夫前から分かってました。あまりに、私は他人のお荷物にしかならんのですわ。

具体的にどこが、と言われれば、まぁ通話した人なら分かると思いますが、まぁ口を開けば暗い話しかしません。黄苺時雨という輩がいた頃はそこそこ話すジャンルもあったんですが、まーここ最近は全くそういう話ができない。だから、通話してて楽しくも糞もない。多分、最近した人から喋りましょうとは言われないでしょう。こっそり表垢昨日今日見てたんですが、まぁ、多分誘われません。嫌々誘ってはくれそうですが。まずこういう話してる時点でお察し事項。

そしてまぁ何と言いますか、多分これは昔からなのが依存心の花が助長して重くなっただけなんだと思うんですが、「好かれたいが故に「好かれたい」」。支えて欲しい。傍に居て欲しい。こんなお荷物誰が背負うか。

つい最近出会った人が、あまりに黄苺時雨という輩とあまりに似てたんですね。叱ってはくれますし、好いてくれてる。だからこそ、嫌だなぁと少し思う訳です。同じレールを走っている気がして。今こうして喋って今度は私が堕としてしまうんじゃないか、みたいな。だから余計に嫌って欲しいなと思うんです。別に私は嫌ってはなんかないんだけどね、どっちかっていうと好きなんだけど。
……その人がこの記事見てくれればいいなあ。私がぶつぶつ最近言ってるのはそういう事です。
まぁ今支えてもらっているけど、それがどんな形でも離れた時、私が二度と立ち上がれなくなる未来が見えるので、それが怖いのもある。

 

まぁぽろっと「少し依存させて」と頼んだらいいよと言っては貰えたんですが、なんとなくこの「花」が何かしそうで。それこそ狂依存にでもなったら目も当たられない。だから、まぁ依存せず耐えるしかないんかなと。最近人の「好き」がどこの好きなのかさえ分からない自分なので、もう救いようねえなと嗤ってます。

ただどうなんだろね。耐えれるんかね。昨日久し振りに底突き破って落ちたんでどうなんでしょ。まぁ、万一は死ねばいいや。死は万薬。でも「死なないで」って言って欲しい。良く分かんない。けど多分喋ったり、LINEとかTwitterで言うよりはまだ自分の言いたいことがまとめられてる気がする。

 

まあ簡単に要約すれば「他人に助けてもらったり傍に居てもらうのは多分無理なので、独りで生きる覚悟をせねばなぁ」と思ったってだけの話です。いつかまた昔の晴曇空みたいにアホなことをアホっぽく書きたいです。今はちょっと色々知りすぎてしまった。

 

まぁ、いつか私を真面目に救おうとか、真面目に助けようとか、真面目に付き合いたいなぁとか、そういう人が出てきてくれるんなら、

『助けてください』

ってだけですね。そこに色々付け加えたいけど、我慢します。

まぁ、そういう話でした。ではまた。

初めて聞いた時に、泣きそうになった曲を歌いました。

正直しんどいけど、助けてなんてただ迷惑だろ?