意味不明青年の朗らかな破壊

完全不定期に、小説書くのに行き詰った時や、なんか書きたくなった時に書くブログです。

最近思うこと(意見と、励まし)。

本題に入る前に、今週のお題が目に留まったので、そこから。

 

―――

今週のお題「私のテーマソング」

 

テーマソング。僕の場合はその時々によって変わります。

時には、昔よく聞いてたGReeeeNだったり。

時には、ボカロのあの無機質な、でも優しい声を求めたり。

 

最近、某ボカロPが引退したことに対して、様々な議論が上がっていますね。

最初こそ、「なんでそんなこと言うんだ」と思ったものですが、色々他の人の考察やら理由を幾度となく聞いているとだんだんと「まぁ、仕方ないわな」と思いました。

簡単に言いましょう。今回騒がれてる大きな原因は「社会常識」です。大の大人が何か関係各位に謝罪があるわけもなく、忽然とその場から消えてしまったことに対して、批判されています。それは確かに、批判されるべきことです。

 

しかし、今件に関しては、なんか度が過ぎている気がするのです。まとめサイトを見るとわかる通り、彼は訴えられてもおかしくないレベルの悪事をしているようです。ですが、その情報の出所はほぼほぼ一方で言われているものが大半です。

まぁ、事の当事者から事情説明があった訳ではないので、仕方ないですが。

しかしそんな片一方で判断するのはなぁ、と思ったりもする僕です。

判断材料が片方しか無い今、とりあえず保留にすることが最善策だと思います。

 

彼が悪い、という事実は変わりありませんが、それによってどうするかは、僕は、とりあえず保留にしておこうと思います。

 

ちなみに、某生主の言っていることは正論です。いやまぁ、あそこまでされたら誰でもブチギレるって。

 

ということを、当初Twitterで書かないと言ってきながら、書いたのは、どうも最近のトレンドを見ていると、過激派が多くて萎えそうになっていたので、中立的な意見を投げておこうと思ったからです。まぁ、そんな意見もあるということとして置いていただければと。

 

話題を戻します。

今のテーマソングは、『八日目、雨が止む前に。』です。

他がどう言ったって、良曲は良曲なんだから、そこは認めましょう。例え、他人が作ったとしても。もし、他人が作ったのだったら、その人を紹介してくださいよ。その人の他の曲をぜひとも聴いてみたいので。

 

―――

 

どうも、夕留祐です。

荒れ事は、そのうち落ち着くものなので、その時をじっと待ちたいと思います。

さて、この時点で900文字超えてるんですが、まだまだ続きます。言いたいことがたまってます。

 

最近、なんとなく、昔の思考が戻ってきたような気がします。

前述の文を見てわかる方もいらっしゃるかもしれませんが、昔の思考「昔どうこうしたからコイツは悪いんじゃなくて、それからどう変わったかでソイツを応援する」というものです。

最初は小説で書こうかなと思ったんですが、どうもネタがなくて書けなかったのでストレートにここに書いてますが。

 

これをわかりやすく、前述のものに置き換えて考えてみましょう。

昔どうこうしたからコイツは悪い」、まぁこれは大の大人が社会常識が分ってなかった、ということですね。まぁそれで叩いてる人が多いですが。

 

それからどう変わったかでソイツを応援する」、これはそのあと、きちんと関係各位個人個人にキッチリ謝罪し、また、ファンに対してもキッチリ謝罪したら、僕的には又支えようと思ってます。前に、同業者でも同じような過ちをしてしまった方がいらっしゃいましたが、その方はキッチリ謝罪をしてましたゆえ、新着動画を今でも楽しみにしてたりしますが……まぁ、本人の意向を尊重したい。

 

そういうことです。本当に、その人の作品が好きだったんであれば、そういう思考も大切かと思うんですよね。

まぁ、最近はこれがリアルでも働くようになりまして、同じリアルクリエイター仲間に対してヘイト値バンバンでしたけど、どうでもよくなりまして、結局今は普通に喋ってますが。相変わらず面白いなあーと思うし、今後の進路に関して応援してますし。危なっかしいけど。

 

はい、そんなわけで、今回の記事は人によってとらえ方違うでしょう。

「確かに、その通りかもしれん」という方もいるでしょうし、「なんだこいつ、あんな奴をかばうんかwwww」と思う方もいるでしょう。どちらにせよ、全ての人の思考を統一することなんてできっこないので、仕方ないと思います。

とりあえず、疲れました。

 

それでは、次回は明るく書けるような話題があることを信じて。

 

P.S. 孤島漂流記3話制作中です。