意味不明青年の朗らかな破壊

完全不定期に、小説書くのに行き詰った時や、なんか書きたくなった時に書くブログです。

9.16

前回更新から約1か月ぶりです。晴曇空です。

ぼんやりブログの更新どうしようかなー、とか考えて、結果、今後は月一回程度の更新でのんべんだらり、書きたいことを書いていくブログとします。基本的な方向性は変わりません。amazarashiとか、そういう読者さんとか、他の方々に広めたい話題とかが出来ればその限りではないですが、基本的に月一回、中旬頃に更新、という形で運営していきます。

とか言って月二回更新とかになってもノーコメントで。書きたいときに書くもんがブログってもんです。どうせ金銭が発生するわけでもないですし。金銭が発生するようになったら貪るように毎日更新すると思います。その時は「コイツ終わったな」と思ってください。いやでも半年後には書かなくなってそうだな。

 

っていう前書きを書いていたら、何を書こうか忘れてしまった。何か書きたい話題があったんだけどな。仕方ないので近況を書きます。

コロナ禍、というかわいは元々出不精な人間なので、関係ないんですが、今年の夏休みは、バイト先のスタッフが増えたこともあって、結構真面目な引きこもり生活を送ってました。とは言いつつ、七月中頃のネオワイズ彗星をきっかけに、幼少期の星っ子気質が覚醒しまして、夜な夜なあっちこっち星を見に出かけてました。

もちろん8月のペルセウス座流星群も見に行きました。なんだかんだ見ごろの三日間全部見に行ってましたね。思ったよりも近所に結構良い場所を見つけたので、そこで眺めてました。やっぱり良いですね、星空観察は。

8月終わりごろからは宇宙そのものへの興味も再熱しまして、Youtubeで星自体に関しての紹介動画や、2000年代最初の頃の望遠鏡を引っ張り出してきて、木星土星を見ようと必死こいてました。ただ、長いこと使ってなかったことや、古さも相まって、200倍くらいにしても全然木星の模様すらロクに見えないんですよね。いや多分わいが思っているより小さく映ってるだけなんでしょうけど。金に余裕があれば新しいの買うんですけど、しっかりしたの買おうとすると15万ぐらいするんですよね。だけど、星空観察って一生モノの趣味だし、子供が出来た時とかにも使えるものだから、買って損はないと思うんだけど。冬までこの熱が続いてれば検討します。

 

そんな感じです。ではまた。