意味不明青年の朗らかな破壊

完全不定期に、小説書くのに行き詰った時や、なんか書きたくなった時に書くブログです。

5.12

あれだけ平成の終わりだって騒いで、令和の始まりだと騒いだ世間も、すっかり鳴りを潜めて、ゴールデンウイークなんていうサービス業を殺す10日間も過ぎ、気が付けば中旬になってしまいました。当ブログは現在平成32年です。嘘です。晴曇空です。

 

最近のわいの生活は、まあ変わらないですよ。大学に行ったり、バイト行ったり、相方に甘えたり、ゲームをしたり。お陰様で相方とは3月で1年になりました。いつもありがとうね。お陰で去年よりは安定してきました。

 

ただ考えることも変わんないです。死にてえとは考えなくなってきましたが、友人や誰かが死にたいって言ってれば、どうしたんだろう、とか、どう言葉をかけてあげたらいいんだろう、とか考えたり。思考の方向は自分よりは、相手に向くことが増えてきました。きっと良い事だろうとは思いますが、あまり相手の事ばかり考えると、今度は自分を見失うので、そこらはバランスを見てやっていきたい。

 

そういえば、数年前はよく聞いたアーティストだけど、最近聞いてなくて、久しぶりに聞いたら、あんなことやこんなことを思い出した、みたいな経験ないですか。わいはしょっちゅうあるんですけど、というか、夏希に教えて貰ったアレソレが特にそれなんですけど、まあなんか、寂しくなりますね。

ついつい夏希に甘えたり、マイクラしたりして、何だかんだと楽しかったのが、もう三年前なんだって考えると、色々考えてしまいます。『あの頃から自分は変われたのかな』とか、『あの頃夢見た幸せな生活はあるのかな』とか。三年も経ってますし、今周りを見れば、少なくとも変わったんだと思いますが、どうもね。

 

後はそう、相方と話してたんですが、わい、結構オタクっぽい性格してないんですよね。ブログとかだとこうやって長く書くんですけど、あまり話すのは好きじゃないし、雑談ともなれば、聞いてる方が楽なくらいなんですよ。まあ他人に好きな物をうざったく勧める、ってとこはありますけど。

 

もう何言いたいか分かんなくなってきたので、締めます。

令和もどうぞ良しなに。このブログいつまで続くか分かんないですけど、一応6年近く存在しているので、とりあえずすぐ消えることはないんじゃないんですかね。

また書きます。