意味不明青年の朗らかな破壊

完全不定期に、小説書くのに行き詰った時や、なんか書きたくなった時に書くブログです。

3.4

悩んだ2月を、息も絶え絶え生き抜きました。今もまだ、どうするべきかはわかってませんが。

 

作家を引退してからというもの、晴曇空名義でゲーム生放送だとか、実況動画をのんびり作ってる今日この頃ですが、なんというか気ままで良いなと思ってます。

もちろん小説のネタはちょろちょろ浮かんでは来るんですが、自分が思い描くものにならなかったり、そもそも書けないしで、結局文字を書くことも無くなりましたね。本当にゲームやってるだけのゲーマーです。

中学の時にテスト勉強しないでテストやったら、それなりの点数が取れたことや、努力しても報われないという体験を幾度もしてきたおかげで、努力をする事を放棄したわいではあるんですが、ゲーム、特にFPSに関しては、何でかいつの間にか「上手くなればどうすればいいか」ということを普通に考えている自分がいて、少し驚いています。

 

PCにおけるFPSとかああいうゲームを上手くなるのって、テクニックの向上も大切なんですけど、キーボードやマウスとか、そういうギアも大切で、ここ半年ぐらいは、バイトの給料の半分くらいは、何かしらのゲーミングギアを買ってる気がします。あんまり買わない人には分からないとは思うんですが、ちゃんとしたものを買おうとすると、結構高いんですよね。今使ってるキーボードのG213なんて1万近くしますしね。今年の正月に買って1か月で端子がイカれたG633っていうヘッドセットは2万ぐらいするし。保証書もレシートも部屋の床張り替えの時にどっかいっちゃって、つい先日出たG633sっていう後継機に買い替えたんですけど、これも2万。お陰でめっちゃ音が良いので、満足はしてるんでいいですけど。

 とりあえず来月キーボード買い換えたら、しばらくは揃えなくて良いかなと思ってます。言うても、キーボードがダメになったわけじゃないんですけど、青軸のタイピングの気持ちよさがどうしても忘れられないんじゃ。カチャカチャ言うあの感じが好き。

 

こういうゲーミング用品買うと、「無駄遣いするなぁ」と思われるかもしれないですけど、実際スポーツやってる人がいろいろ揃えるのと大差ない気がするんですよ。

例えば、わいが中学校の時に卓球部だった名残で話をすれば、卓球だってラバー張ってないラケットで1万~2万しますし、そこから表のラバーと、裏のラバーで1万、更にはユニフォームやクリーニング用具諸々買って、恐らくば初期投資だけで5万は吹っ飛ぶし。

さらにラケットもあれ、カタログ見ればわかるんですけど、多種多様な性能があったりして、後々買い替えたりもあるし。そう考えれば、さしておかしくない気はする。どのスポーツでも、真面目にやるんなら、それ相応の金はかかるんですな、やっぱり。

 

まあ結局は、ただわいのゲーミングギアを買う理由を正当化する言い訳にしかならないんですけども。まあプロゲーマーになりたいってわけじゃないんですけど、それなりにゲームプレイが上手い実況者にはなりたい。トーキングセンスが高いわけでもないから、多分今から実況者で金を稼ぐなら、それぐらいじゃないと生きてけないと思うし、そもそもそれでも足りないとは思うんだけど。言うのは簡単だけど、しっかり考えれば、Youtuberもゲーム実況も、今となっては本当に厳しい世界です。

 

そんなとこです。では。