意味不明青年の朗らかな破壊

完全不定期に、小説書くのに行き詰った時や、なんか書きたくなった時に書くブログです。

10.19

晴曇空です。

ここ最近精神が元気じゃなくて、大学後期始まって初っ端から休みまくってます。って書くと、大抵の人がズル休みとかいうんですけど、まあそうかもしれません。毎日お疲れ様です、と皮肉も一緒に置いておきますね。

 

前回のブログでも書いたんですが、12月17日に、オンライン限定で「unreasonable」っていう音楽のアルバムで言えば、ベストアルバムみたいなのが出ます。この二代目「晴曇空」という名義にしてから約二年、結構な数の作品を書いてきたので、それらの中から、案外評価をいただいた作品と、書き下ろしの作品が入ったものになります。また、何を血迷ったのか、紙版と電子版と内容が違ったりもします。気になった方は、コチラから詳細をご覧くださいませ。

前回はなんだかんだ自棄になってたのもあって、負け犬の遠吠えみたいなことを書きまくって、「どうせまたロクでもねえもん作るんだろうな」と自分で薄々思ってたんですが、いざ取り掛かってみると、なかなか調子が良いんですよ。紙版の原稿を先にやってるんですが、書き下ろしの執筆が結構はかどって、大体Pixivに上げてる時は4000文字くらいでいいや、ってなるのが、今のところ出来上がってる作品二つどちらも6000文字を超えてるんですよね。真面目に物書いてる方からすれば、まだまだだなって思われるかもしれないんですが、私にしては結構快挙です。色んな意味で濃い作品になりそうです。

因みに一つは艦これの瑞加賀なんですが、「なんとなく生きてく」っていう作品のIF?みたいな作品です。私の中じゃあ別の世界線なんですけど、書き終えて「なんか似てるな」ってなりました。でも全く別の話です。もう一つは一次創作なんですが、遠い昔の幼い頃の私が考案した話を書きました。あの頃よりは、かなりしっかりした話を書けるようになったなと思いました。ぶっちゃけそれが分かっただけでも、この本を書き始めて良かったです。

 

気が付けば10月も半ばになりましたね。その割にめちゃくちゃ寒くなってきました。私みたいに体調を崩さないように気を付けてくださいませ。また何か思いついたら更新します。それまでお元気で。

ではまた。