意味不明青年の朗らかな破壊

完全不定期に、小説書くのに行き詰った時や、なんか書きたくなった時に書くブログです。

7.4

こんばんは、晴曇空です。珍しく真夜中に更新。

 

一昨日Steamのサマーセールやってて、久しぶりに新しいゲーム買いたいってなって、大して金に余裕ないくせに、vプリカ1万円分買ったんですよ。ただ、特に欲しいゲームがなくて、ウィッシュリストとかに入ってるのも、別段今の僕の心を揺さぶらなくて、相方に「なんかやってほしいゲームある?」って聞いて、出てきたタイトルがNieR:Automataでした。

ニーアはタイトルだけ聞いたことある、っていう感じでした。しかもamazarashiつながりで。でちょっと興味があったので、サマーセール対象外タイトルなのにDLC込で買いました。つまりフルプライス。約1万円。そして今日15時間で1周目クリアしました。OSパーツ外したり、作戦放棄だったり、雑魚相手にやられてバッドエンドを見ただけで、ボス戦なんかは一発でクリアしました。難易度ノーマルだけどね。

ぶっちゃけ感想言うと、1万払った価値はありました。というか、ヨコオタロウ氏は本当にすげえなと。というか、もう語彙力無くした。

元々廃墟が好きだったので、まず廃工場に惹かれ、廃墟都市、砂漠の団地etc…に魅了されっぱなしでした。そして2Bと9Sの関係性、ストーリーの中に含まれている、絶望から見出す希望、2Bが段々感情を持ち始めていく流れ、どこを取っても私と相方の好みにどストライクでした。

ゲームでここまで語りたくなったのは、D4: Dark Dreams Don't Die以来なので、多分1、2年振りです。

ただうん、グラフィックは今のパソコンでも最高設定で50fps出ればいい方な重さでした。ただストレスはあんま感じなかったので、ずっとほぼ最高画質で遊んでました。というか、最高画質で遊ぶべきやなって思ってたので。まあ相方に画面共有してたのもあるんだろうけど。

ともあれ、めちゃくちゃいいゲームに出会えました。マルチエンディングだそうで、バッドエンド以外の全部のエンディング見るにあと3周せねばならんようなので、動画、生放送で各周の様子流せたらなとか思います。放送とかしないかも知んないけど。

 

まあ、そんな感じでニーアオートマタやべえよ、って話でした。そろそろ寝ないとやばいので寝ます。おやすみなさい。