意味不明青年の朗らかな破壊

完全不定期に、小説書くのに行き詰った時や、なんか書きたくなった時に書くブログです。

むこうがわのせかいがぼくはすきだった(※ブログです)-02

どうも。夜中の更新でゴザイマス。晴曇空です。最近例のリアル創作団体の挿絵担当して貰ってる女子が僕の新作小説のちびキャラを描くとか描かないとか言ってるのでちょっとわくわくしています。その子が描くちびキャラを以前、見たことがあってめちゃくちゃ可愛いのでね。まぁ、新作小説の女子キャラがみんな可愛いんですよね、ほんと。男子キャラはイケメン揃いです。みんな可愛いぺゲフンゲフン。やっっぱりこう、小説書いていくとやっぱりキャラクター一人一人に味というか、個性がだんだんはっきりしてくるんですね。これだから小説書くのやめられない。

 

今も小説書いてる途中でお送りしています。

 

まぁ、最近僕の公式HPも更新しなきゃなって感じがします。こーなんか、高校友達とつくった団体の公式ページを作りたいのもあるし、不具合とか、直していきたいんですねえ。あれ、以前より僕、色々成長したかな?どうやら僕もアインデンティティがはっきりしてきたようです。喜ばしい。

 

今回は少し長めです。

 

あ、そうそう、新作小説というのはあれです、要するに前号見て貰えればわぁる火と思いますが、『Children of the cross』の事です。ぼかした意味なかったかな。ちびキャラの件もこれです。いえい。この小説、全20話、全4章構成で行く気でいます。長い長い。まぁこれも、後続の執筆のメンバーに出来るだけの猶予を与えたい一心なんですけどね。うん。

 

はぁ。今回はホントに一杯書いたなぁ、いつ以来だろうなぁ。こんなに書いたの。

だって今600文字オーバーですからねぇ。いやー凄い凄い。

というわけで、今回はこれにてとなります。新作のアップや、キャラクターデザインのすごさや、個性的なキャラがお目見えするのを、楽しみに待って貰えればと思います。

 

それでは。