意味不明青年の朗らかな破壊

完全不定期に、小説書くのに行き詰った時や、なんか書きたくなった時に書くブログです。

意味不明青年の朗らかな破壊(20)

書きたいことがあると、ついブログを開いてしまいます。晴曇空です。いよいよこのタイトルも20回目、もう何を書き殴ってきたか分かんないです。

 

ここ最近amazarashiの事ばっか書いてますが、今回もamazarashiの事です。本筋とは全く関係ないんですが、とうとうamazarashiのiTunesに売っている曲全て購入してしまいました。あと残すところムービーなんですが、そこは少し考え中です。

本筋の話をすると、amazarashiのアルバムの中に、「あまざらし 千分の一夜物語 スターライト」っていうアルバムがあるんですが、今まで聞かず嫌いで遠のけていたんですが、あとこれを購入すればコンプだからと購入し、聴かないのもなんだからとちゃんと聴いたんですけど、これ、なかなか良きでした。自虐家のアリーとかあムカデって曲もそうだったんですけど、タイトルで聴かず嫌いしちゃダメですね、amazarashiは。最後の最後に思い知りました。

好きな曲の数々がヴァイオリンとかが混ざると、ここまで綺麗になるかと。特に初っ端の光、再考からムカデの流れとか、無題とか。気が付いたら今もまた聴いてます。良きです。

あと、最近amazarashiのwikipediaとかの参考文献読み漁ってばっかいるんですけど、昨日ニコニコ大百科のamazarashiスレ読んでて思ったのは、やっぱ古参と新参っていう垣根はいらねぇなと思いました。GReeeeNの時もそうだったんですが、私としては好きなものに興味がある人は、どんどん沼にハマって欲しいですし(私のamazarashi熱が強すぎて相方を沼に落としかけている)、寧ろそう言う話が出来る人が欲しい。まぁでも古参側の言い分も分かるんですけどね。やっぱり、ファンが増えるってことは、アーティストによってはガラッと今までと方向転換する例も多々ありますし。害悪、とまでは言わないでも、少しばかり新参を恨んでも仕方ないんかな、と言う気がします。言うて私自身、そう言う体験は良くしてますし、ぶっちゃけ、GReeeeNから離れてしまったのも、案外、そこが理由だったりします。

amazarashiに関しては、どちらかと言えば新参ではありながらも昔の曲のほうが好きだったりはします。月曜日とか、たらればとかも凄い好きなんですけど、気が付けば、カルマだったり、無題だったり、古いSF映画だったりと古い曲ばかり聞いてます。それで古参ぶるつもりはないんですけど、でもなんか昔の曲が生々しくて好きです。ただ、amazarashiに関してはファンが増えたから、というより、秋田ひろむの考えが変わったからなんだろうな、と思えば納得できるし、自分のために歌っている事を考えれば、本筋は変わってないんだな、と思いました。

 

何の話だっけ。

分かんなくなってきたので、とりあえず、ニコニコ大百科のスレの最初期の方に「青森なんだか秋田なんだかはっきりしろ」っていう書き込みを見て笑ったって事を書いて締めます。

 

GWですね、私は6日に東京の砲雷撃戦に出るので、若し来られる方がおりましたら、よろしくお願いいたします。スペースは「C-18」です。初参加時同様、大手さんに囲まれてますが、がんばります。

それでは。

意味不明青年の朗らかな破壊(19)

二週間ぶりです。晴曇空です。

なんだかんだ最近はなんとか小説が書けるようになってきて、カタカタカタカタやってたらブログを書いてないことに今日気づきました。もう4月も終わってしまいます。

今月30日が祝日ってことで今月のバイトの給料の振り込みが今日だったんですね。なので、今月もamazarashiのライブDVD買ってきました。

これです。 

amazarashi Live Tour 2016 世界分岐二〇一六(初回生産限定盤) [Blu-ray]

amazarashi Live Tour 2016 世界分岐二〇一六(初回生産限定盤) [Blu-ray]

 

ついでに、某中古屋で「あんたへ」とか「千年幸福論」とかの初回限定盤があったりしてかなり散財しました。久し振りに中古で7000円使った。

んで、相方と特典映像込みで一気見してたんですけど、やっぱり秋田ひろむの歌唱力が凄いねって話をしてました。というか、紗幕に映像を映し出すのも、やっぱり見に来た人を世界に引き込む大きな要因なんやなって再確認しました。ともあれ、やっぱりamazarashiは金払っても損しないなと思いました。最高。ちなみに6月に出る理論武装解除も初回限定版で予約しました。今から楽しみで仕方ないです。ちなみにメメント・モリツアーは都合で行けません。くそ。

 

お知らせです。

f:id:yuttiigreeeen:20180427210222p:plain

東京ビックサイトにて行われる5月6日砲雷撃戦に参加します。

新刊と既刊持って参加しますので、よろしくお願いします。

スペースはC-18です。

 

それでは良いGWを。

意味不明青年の朗らかな破壊(18)

今週のお題「わたしの春うた」

amazarashiの「春待ち」です。ポエトリーリーディングだけど韻の踏み方が好きです。

 

晴曇空です。ここ最近寒い日が多かった気がするんですが、今日は暖かくて暑いくらいでした。

今回ブログ書いた一番の目的は、昨日5年ぶりくらいにブログデザインを一新しました。某ブログで使ってたデザインがすごく気に入ったので採用しました。驚きの白さです。

 

それだけなんで、なんか適当にDiscordっていうアプリはいいぞって言う話をします。

導入方法とかそう言うのはこの記事で書いてたりするので、この記事を読んで、もしくは「そう言えば気になってたんだよなぁ」っていう方はこの機会に導入してください。

まず、「Discordって最近よく聞くけどなんや?」っていう説明をしますと、私は大体「skypeの上位互換」って言ってます。ただ音質とかそう言う意味では、LINEとかよりも優秀な気がします。

他のDiscord紹介記事とかはよくゲーマーに向けて書かれていることが多いんですが、正直私的には一般枠にも広がっていい気がします。

特に私が気に入ってる点は、Discordはチャットが出来る『テキストチャンネル』と、通話ができる『ボイスチャンネル』を備えたサーバー機能です。普通に個別チャットや個別通話はできるんですけど、大人数で通話したりするのは圧倒的にサーバー機能をおすすめします。

この『ボイスチャンネル』『テキストチャンネル』は一つのサーバー内に幾つも作れるんですね。という事は、例を挙げるならば、テキストチャンネルでは「雑談」「連絡用」「ゲームA」「ゲームB」…、ボイスチャンネルでは「雑談」「ゲームA」「ゲームB」…っていう風に分けられるんです。一見すると必要性を疑う声が出そうですが、特にSkypeユーザーなら分かると思うんですが、必要な事項がチャットに埋もれたり、色んなゲームの話題が飛び交ってしまってカオスになる、という事態が避けられるんです。また、ボイスチャンネルも、SkypeやLINEでは通話をかけると一斉に呼び出しがかかってしまうことに対し、Discordのサーバーではボイスチャンネルに入るだけで通話開始になるため、呼び出しをかける必要性がない、というとこも利点でしょう。切り替えも楽ですし。あとは音質もLINEやSkypeよりもいいし、喋っていないときは自動でミュートにしてくれるので(もちろん喋ると解除されます)、ノイズなんかも軽減されます。

 

どうでしょう、ここまで読んだらDiscord、使ってみたくなりませんか?

SkypeやLINEで辟易していたそこのアナタ、インストールしてみてはいかがでしょうか。PC版だけではなく、iPhoneAndroidどちらもありますし、昔に比べれば日本語の説明や情報も増えました。ググるのがめんどい場合は

PC版Discordインストール方法↓

携帯版Discordインストール方法↓

どちらも私が書いてる記事ですし、「Discord インストール」と検索すれば、私のこの記事がトップに来るのほんと草生えます。

 

そんな感じです。ちなみに私のDiscordのIDは「晴曇空#6817」です。フレ申請したい方はどうぞお気軽に。また、雑談用サーバーもありますので、興味のある方は参加してください。ただ、荒らし対策のため、メール認証したアカウントでないと発言出来ない設定にしてあります、予めご了承下さい。

 

そんな感じです。

それではまた。

 

 

意味不明青年の朗らかな破壊(17)

晴曇空です。相変わらず躁鬱繰り返しております。今は鬱です。

 

新学期始まってしまいましたね。新学期ねぇ。

長期休み明けに死にたくなる、って言うのをよく言うじゃないですか。あれすごく私自身も経験がありまして。

高校時代はそれでもクラスメイトが幾分マシな連中だったのでそんなのは無かったんですが、小学校中学校はとにかくクラスメイトがクソ過ぎて、いっその事不登校になってしまおうかなんて考えていたことがあります。実はこのブログや旧ブログでそんな中学校時代の私の記事が読めたりします。人間性のクソさが如実に現れてます。今は少しまともになった気がしますが、相変わらず人間性はクソです。どうにかならんもんか。

 

あとはそうですね、最近イラストにして意見具申したんですが、若者の日本語がおかしいと昨今日本語学者が批判しますが、そろそろ親の子に叱るときの言葉に関しても批判していい気がします。親の叱り方って、結構子供の性格にもダイレクトに影響与えると思うんですよね。だから、いじめとかなくそうなくそうと思うなら、まず抜本的に親の教育からした方が良いんじゃねえかなとか思います。多分そう言うことを継続してやれたらいじめとかなくなり気がします。でもなーそう簡単に出来るもんじゃねえしなー。

 

という事を宣う人間です僕は。あとは最近書けなくなりましたけど、一応二次創作とかで誰にも評価されん小説書きです。

今週のお題「自己紹介」

意味不明青年の朗らかな破壊(16)

晴曇空です。

先月今月とバイトの給料出た後、iTunesでは持ってるものの、ライブが見たいいがためにamazarashiのCDをちょくちょく買い直すなんてことをしてます。ベストの『メッセージボトル』だったり『虚無病』のライブDVDだったり最新アルバムの『地方都市のメメント・モリ』だったり。幸運にも静岡のタワレコにはどれも初回限定版の在庫が残ってくれてたので、amazonのプレミア地獄に巻き込まれずに済んでます。ありがとう、田舎。

なんか最近鬱々してる日々が続いてるので、気分転換代わりに見た感想をちらちら書こうかなと思います。もう発売から大分経ってるので、ちらっとネタバレあるかもしれません。苦手な方はページバック。

続きを読む

意味不明青年の朗らかな破壊(15)

晴曇空です。

そういえば2月4日の砲雷撃戦の話書くの忘れてたなと思ったので書きます。

f:id:yuttiigreeeen:20180203235238j:plainいつも静岡駅から乗ってる深夜バス。

今回は高校時代からの友人と行きました。去年の9月は一人で行ったらすごくつまんなかったから、というか暇だったので誘ったのもある。

f:id:yuttiigreeeen:20180204050139j:plain

確か羽田あたりの写真。

f:id:yuttiigreeeen:20180204055709j:plain

朝の新木場。

始まるまでの流れはこの前とほぼ一緒でした。新木場駅から東京ビックサイトまでの4kmは歩きました。早朝の東京、バイクの音が凄いした。とりあえず東京の夜明けは好きだなって思いました。

まぁ、それでも時間が余って、しかも冬で寒くて近くのマックで二時間近く時間潰しました。

f:id:yuttiigreeeen:20180319224525j:plain

今回の設営風景。この前は頒布物が少なかっただけに寂しい感じでしたが、今回は委託物があったりしたおかげで華やかにはなりましたが、今度はまた寂しくなりそうです。

今回の砲雷撃戦では、隣のサークルさんが私の作品の読者さんだったり、売れ残った既刊8部をすべて捌ききって、20部近くあった新刊も通販の取り置き分を含めて、残り4部まで売ることが出来ました。ありがとうございました。前回の砲雷撃戦で来てくれた方も居たり、あろうことかサインを求められたりしました。サインは絶対人違いだと思ってますが、ありがとうございます。

f:id:yuttiigreeeen:20180204151946j:plain

そんな感じで冬の青空の元、砲雷撃戦終了。今回は前回よりも色々楽しめた気がします。ただ友人があまりサポートにならなかった。ちくしょう、お前はいつもそうだ。

その後七時間程度空き時間がありましたが、友人が人ごみ駄目だったので体力使い切ってしまい、殆どどっかかしらで座って時間潰してました。

 

さて、そんなわけでしたが、次回は5月のGW中、5月6日に新参サークル『桜とアザレア』として参加します。今回からは恐らくサークル面子と参加することになりそうです。やったぜ。

また新刊も出します、既刊は諸事情により増版が出来ないため、超少部数になりますが、『さいしょへ』のみ持っていきます。三部です。よろしくお願いいたします。

 

そんな感じですかね、それではまた。

意味不明青年の朗らかな破壊(14)

三月も三回目の更新です。晴曇空です。

 

一昨日昨日と久しぶりにかなり鬱くて、その頂点がいつものように真夜中の二時あたり。自殺願望とか創作の行き詰まりエトセトラが重なって、かなり大暴走したんですが、相方がずっと付き添ってくれてました。
おかげで私も相方も、寝たのは今朝の四時半頃で、私に至っては朝からバイトなんで7時起きでした。相方もなんだかんだ八時頃に起きてて、二人して寝不足な気がします。でもなんか今までの中でも屈指な暴走だったのに、その後そんなに長引いてないから、やっぱり面と向かって受け止めてくれる人は違うんだなと初めて知りました。まぁ今朝のバイト一緒になるナイト帯の人が仲の良い人だったっていうのもあるんでしょうけど。明日は昼過ぎからだけど、今日は早く寝よう。

そう、この前のブログを読んだ相方に「ブログにしては長い」と言われました。まぁamazarashiのモバイルファンサイトの秋田日記なんかも一回一回多分300文字くらいで終わってるし、やっぱり私のブログが長いんかね? まぁでも書きたいことがあるときに書くブログですし、どうでもいいや。

 

さて、今年もやってきました、3.11。なんだかんだこのブログでも、毎年のように東日本大震災について言及したことが多かったんですが、まぁもうそろそろうだうだ言うのもな、って言う気もしてます。

というかもう7年経ったんですね。7年前私は小学校卒業を控えてましたが、今でもあの時の状況はおぼえてます。函館でしたけどね。

まぁ敢えて言及するなら、今年は「隣人の大切さ」ですかね。まぁここ最近の私の周辺環境の変化もあって、というのもありますが。

こう今日まで隣にいてくれた相方だったり友人が、明日そういう津波とかで亡くなったら、と考えると嫌だなぁって思いますね、やっぱ。私も自殺願望だったり南海トラフで死ねないかなと、よく考えてしまうんですが、逆の立場に立ったらみたくねえな。

昨日というか今朝方も死にたいと言いまくってたら相方に泣かれてしまった。あん時はそれが不思議で仕方がなかったけど、よくよく今考えれば本当に好きな人が死んだら嫌だな。相方に死んでほしくないし。でもなー。自殺願望はすぐには消えないし。もうしばらく相方を泣かすことが多そうだ。ごめんね。

 

 

まあそういう鬱い話はそこまでにしておいて、ほんとにamazarashiのAPOLOGIESが良い。金払ってみる価値は私にはあった。秋田日記も最初っから読み返してるんけど、これがやっぱ面白い。バシバシインプットさせてくれる。というか、秋田ひろむが近く感じる。

そんな秋田日記を読んでると、青森の夏フェス「夏の魔物」の単語がちらほら出てきて、その度にwebnokusoyaroが出てきます。まあ曲聞いてる人なら分かるかもしれない。そう考えると、もしかしたらウェブクソも秋田ひろむもどっかで会ってたりするんかな、と考えるとある種感慨深い感じになりました。webnokusoyaro×amazarashiやんないかな。さすがにやんないか。でもなんか見てみたみはある。夏の魔物繋がり……でもamazarashiが夏の魔物に出てウェブクソが見る、その逆でもあったら面白いのにな、と感じた今日この頃。

そういえばamazarashi新曲「月曜日」リリースまであと二日ですか。トレイラーはもうヘビロテしまくってたぐらい好みだったし、そもそもリリース日はバイト休みなので、速攻買ってヘビロテしつつ相方と話したいなぁと思いましたブログでした。なんだこれ。ではまた。