意味不明青年の朗らかな破壊

完全不定期に、小説書くのに行き詰った時や、なんか書きたくなった時に書くブログです。

8.14

いよいよ鬱もひどくなって人間関係ブレイカーして、もう色々と生きててはいけないのではないか、なんてことをブツブツ言ってる陰キャ君してたら一か月死んでました。晴曇空です。どちらかと言えば今も死んでいます。そろそろしっかり心療内科行った方がいいかもしれんね。

っていう話は書いてて鬱くなるので、どうでもいいといえばどうでもいい話を。

 

最近フェス露出が多くなってきたamazarashiですが、歌詞やメロディをフェスで聴いて、そっから電撃を受けたかのように聴き始めたという、新参の方に特に伝えたいのは、その衝撃が収まったころに、もう一度じっくり聴いて欲しいな、ということです。

確かに一時の熱さが引いて聴かなくなるって言うのは、わいも散々経験してきたので分かるんですが、例えば分かりやすい所で言えば、「フィロソフィー」や「ジュブナイル」なんていう曲は、そういう熱が引いてからじっくり聴くことで、amazarashiの良さを体感できるのでは、と思うわけです。

特に、最近ラストでやる「独白」は聴く人を圧倒しますからね。amazarashiの世界観を良く知る我々でさえ、武道館公演で圧倒されたわけですから、無知の方々が聴いた時の衝撃ったらもうすごいでしょう。でも、色んな意味であそこまで勢いのある曲は正直、今までないですし、だからこそ落ち着いてじっくり歌詞を見ながら聴いて欲しいわけです。ちなみに「独白」は『新言語秩序』アプリ内で聴けます。落とせ。そしてamazarashiは早く通常音源をCDで収録してくれ。ライブ盤も好きだけど。

今までのライブを見てきた中で、決してamazarashiは一発屋、というわけじゃなく、本当に過去を積み上げて大成し、そして生まれた『新言語秩序』、そして「独白」なので、是非ともゆっくりとその足跡を辿ってみて欲しいのです。

もちろんその数だけ曲も多いので、ベストアルバムの『メッセージボトル』をお勧めします。

メッセージボトル

メッセージボトル

 

このアルバムの曲順はリリース順になってますから、過去のamazarashiから現在のamazarashiを一通り体験できるわけです。そして気に入った曲を見つけたら、それが収録されているアルバムを聴けば良いかなと。例えばこのアルバムにも収録されているわいの推し曲「冷凍睡眠」は、アルバム『あんたへ』に収録されてるので、それを聴いてみるとか。このアルバム、地味に「あんたへ」収録されてないんですよね。滅茶苦茶励まされるので、必聴です。

と、ファンクラブAPOLOGIES入会二年目のヤングリスナーが申しております。今からでも全然遅くはありません。是非、沼に落ちろ。晴曇空でした。

また書きます。

7.19

7月も気づけば半ばを過ぎてしまいました。私の高速通信の通信制限まで0.7GBとなってまいりました。いかがお過ごしでしょうか。晴曇空です。

 

12日前後にお伝えした、私の艦艇擬人化小説「ウォッチドッグス」なのですが、数値には現れないところで反響いただき、なんだかんだ関わって頂く方が、過去の私の作品の中では一番多い感じになってきました。まだ1話しか投稿していないのですが、純粋にありがたい話です。

「ウォッチドッグス」は現在 Pixivと、昔懐かしの小説家になろうにて掲載しております。あの頃とは違うアカウントですが、目についた際はよろしくお願いいたします。ちなみに、第2話の更新は今週日曜日にはしたいと思っております。

Pixiv→https://www.pixiv.net/novel/series/1148894

小説家になろうhttps://ncode.syosetu.com/n2706fq/

 

そして、昨日の京アニの放火の件ですが、詳しく言うのは今回控えます。個人的に一番好きなアニメ会社だったことや、あまりに理不尽なこと過ぎたのと、今回の件はあまり騒ぐべきではないかな、と思ったので。

ただ、今回被害に遭われ、亡くなってしまった方にはご冥福をお祈りし、また、お怪我をされた皆様の一刻も早い回復を、ただただ願っております。それだけです。

理由がなんであれ、努力の末に手に入れた結果が、誰かに奪われてしまうのは、本当に理不尽だと思いました。

 

これから台風や大雨で大変な時期になってきます。どうか、ご自愛ください。

また書きます。

 

 

 

7.12

とうとう今年もこの時期がやってきてしまいました。明日は、いよいよわいの誕生日です。晴曇空です。

 

毎年こういう誕生日の前後にこういうブログを書いてるんですけど、今年のたんじょぷびはもう嫌で嫌で仕方ないです。

何で嫌なのか、って言うと、誕生日の前後って本当に嫌なことばかりが起きるんですよ。わいがまだ純粋だったころは、プレゼントに買って貰ったゲームを早くやりたくて仕方なくて、本当に楽しみなイベントの一つだったわけですけど、いつからか嫌な思い出ばかりで埋まってしまいましたわ。

特に今年は色々と重なって、本当に来てほしくない日ですね。すぐそばで祝ってくれた人は去ってしまいましたし、今となっては親以外は誰も祝ってくれませんしね。しかも明日は土日なので、大学の連中からのお祝いもないわけですし(というか今年に至っては、祝ってもらえるかさえ謎でしたが)、本当に寂しい誕生日ですわ。

まあ、それが今後親も祝ってくれなくなるでしょうから、こんなところで嘆いてなんかいられない訳ですが、でもまあ最近嫌なこと続きで祝って欲しいっていう所は本音ですね。しかし、まあ、人脈もないので仕方ないか。誕生日に色んな人に祝われている人が羨ましい限りです。

というか、去年の誕生日に「嫌われ者でいよう」とか思ってた気がしますし、今更か。

 

さて、とりあえず明日はバイトですし、また土日頑張ってきます。誰の為かは分からないけど。

なんか他に書くことあったような気がするけど、もういいや。

とりあえずこの辺で。では。

7.9

昨日の今日です。どもです。晴曇空です。

 

昨日は何か他の話題を書くのもナンセンスな気がして、あれだけで終わりましたが、今日は普通のブログなので、もう少し踏み込んで近況をお伝え出来たらと。

まあ最近の私の環境が変わったって話は、作家として復帰した時のブログでお話しした通りなのですが、やはり色んな意味で元相方に頼ってたところがあって、ここ半月は精神的に死んでばかりいます。というか、本当にブログを書くのも面倒な程、色んな意味でやる気や気力がなかったです。

そんな中、ここ二週間ほど、とある絵描きさんとお話しさせてもらう機会が多くて、喪失感ってのはあんまり感じてないんですよ。めちゃくちゃ鬱いんですけど、それだけが最近の救いみたいなところがあって。でまあ、色んなお話しさせてもらってるわけです。創作の話とかね。

基本他の方の創作の設定話を聞くのって好きなんですよ。こう、普通の創作では分からない、その方のこだわりとかを知れるので、面白いんですけど、最近話している絵描きさんの設定話が私の性癖と合致して、しょっちゅう創作の裾広げを一緒にさせて貰ってるんですけど。一応しっかり作品にしたいね、みたいな話はしてるので、本格的に決まったら、またお話しさせて頂きます。

 

今週のお題「わたしの好きな歌」

この今週のお題を見たときから書きたかった話題なんですけど、なんだかんだ書くタイミングを逃してたので、今日書きます。

好きな歌と言えば、このブログの読者さんなら分かる通り、amazarashiが一番のフェイバリットなんですけど、その他、神僕とか、佐野元春The beatles、sakanaction、webnokusoyaro、あとは昔よくブログで書いてたGReeeeNなんかも聴いてましたね。あとボカロも。

ある程度幅広く聴いては来ましたけど、やはり熱が凄かったのはGReeeeNとamazarashiですかね。GReeeeNは7年だかそれくらい前に一年だけファンクラブに入ってましたし、amazarashiはここ2年ほど入ってます。

どちらも共通点としてはやっぱりリリックなのかな、好きなところって。

何だかんだGReeeeNは数年前のラブソングラッシュで少し萎えて聴かなくなってしまいましたけど、僕らの物語とか、HEROESとか、ああいう応援歌系統は中学時代の燻っていた心を立ち上がらせてくれました。最近また応援歌系統も増えてきたので、またおっかけしようかなとは思ってます。

僕らの物語

僕らの物語

  • provided courtesy of iTunes
Heroes

Heroes

  • provided courtesy of iTunes

amazarashiはそれなりに暗い曲が多いと思われがちですが(いやまあ間違ってはないですけど)、等身大な応援歌というか、変に飾ってないってのと、あとは秋田ひろむのあのボーカルが好きで聴いてます。それこそ、ヨクトやもう一度、ナモナキヒトは奮起させる、というよりも慰める、って感じですごく好きです。というか、amazarashiのそういう曲は大抵、そういう感じです(語彙力)。

ヨクト

ヨクト

  • amazarashi
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
もう一度

もう一度

  • amazarashi
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
ナモナキヒト

ナモナキヒト

  • amazarashi
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

って言う話をした後に、じゃあお前の好きな曲はなんだよ、ってなるんですけど、最近はやっぱりamazarashi一強なわいなので、カルマや、千年幸福論、無題に冷凍睡眠ですかね。この四曲は本当に優劣付けれないくらい好きです。

カルマ

カルマ

  • amazarashi
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
無題

無題

  • amazarashi
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
千年幸福論

千年幸福論

  • amazarashi
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
冷凍睡眠

冷凍睡眠

  • amazarashi
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

そんなところです。すごい書いた。1766文字。

とりあえずわいの近況ってのはそんなところです。

また書きます。

小さいお知らせ

晴曇空です。恐らくば、これがとりあえず久しぶりのTwitterタイムライン露出になるのではないでしょうか。お元気でしたか。お元気じゃなかったですか。僕はお元気じゃありませんでしたよ。死んでました。今も死んでます。

 

まあ色々と言いたい案件もあったりするんですが、その前にお知らせがあります。

少しやってた別名義時代に考えつき、何度か頓挫しかけたシリーズをもうそろそろ開始しようと思っています。

 

シリーズの名前を『ウォッチドッグス』としています。

わいのような弱者が色んな人(?)力を借りてのし上がっていく系の、よくある王道ストーリーなのですが、わいの事なので、多分在り来たりな終わりにはしません。今の段階で、ある意味わいの作品らしいエンドになっております。こちらの方、早ければわいのバッドバースデーである7月13日に、Pixivにて掲載しようと考えております。何卒宜しくお願い致します。

 

今日はそれだけです。またそれだけなんですよ。

というかね、最近クソ案件がわいの周りにありすぎて、若干病んでるんすわ。今日マクドナルドを食べたんですけど、何の味もしなかったんですよね。塩とかはかかってるの分かってるんですけど、何の味もしなかったんですよ。本当に。やばいです。

今後ともよろしくお願いします。

お知らせ

6月も気が付けば終わってしまいますね。晴曇空さんです。

 

まずはお知らせですが、本日付けより晴曇空としての創作活動を再開いたします。

まあ理由は相方と遂に別れたり、あとは件の方と和解したりしたってのもあります。

ただ、活動範囲はまだ決めてません。二次創作は多分しばらくはしないと思います。して一次創作でしょうか。でも全然ノープランです。今後考えます。

 

まあ、でも何でしょう、今回はすごい安定してます。

創作の話を目一杯出来る方に恵まれましたし、まあそれなりに人間関係にも今は恵まれてますし、感謝しかないです。ありがとうございます。

 

とりあえず書く事もないので、ここらへんで。

あでぃおす。

 

 

6.14

純粋に暇なだけなので、ブログを更新します。前回はオタ話でしたが、今回はなんとなく創作論をただ連ねます。鼻で笑ってお読み下さい。

 

このブログでは何度も書いてますが、わいという人間の作家としてのアイデンティティは不安定なんですよ。書きたくて書いてるはずが、いつの間にか誰かにフィードバックを貰えると思い込んでしまって嫌になるって言うのは、もう何回書いても繰り返す性なんですが。

 

まあぶっちゃけて言えば、作家としての自己肯定なんつーもんは、わいにはない訳です。どうせ書いたって誰も読まねえ、感想も来ねえ、そういう諦めの延長に晴曇空という作家がいたわけです。だから崩れるんも早かったんですよ。だって目標も無ければ、したくて書いてるわけでもなかったんですから。なんの為に小説書いてたんですかね、本当にね。

 

その癖周りには評価されるクリエイターが多かったわけです。幼馴染然り裏垢のフォロワー然り相方然り、皆評価されてるもんで、もう本当に精神的に参ってしまった、ってのが今までのハイライト。

 

つい最近、ある方にアドバイスしたんです。詳しくは忘れましたが、なんか「なんでもいいから目標を立てろ」みたいな話をしたと思います。

ぶっちゃけて言います、人にはそう言うくせして、別名義で小説を書いてる今、わい自身に目標なんて未だにないです。「何PVを目指す」っていう目標もないし、「誰々に読まれたい」っていう目標もない。「どういう話を書きたい」っていうのもない、全く無方針、無目標で今でも死に切れない作家ゾンビをやってます。それしかアイデンティティがないから、やってるんです。そういう意味では、人に偉い事を言える立場じゃないわけです。

ただ、昔と比べて少なくとも今は書いてて楽しいです。それはなんでか、と言われたら正直分かりません。考え方が変わったのかどうかは分かんないです。強いて言えば、他の人、例えば評価される事が何より憎くて仕方なかった相方の作品や、フォロワーの作品を真正面に見ても、あれっほど感じていた劣等感や嫉妬を感じることはなくなりました。でも、それがどうしてそうなったのかは、やっぱり全然分かりません。それを抜け出すために何かをしたわけでもないし、あれほど行け言われてる精神科に行ったわけでもない。本当に何もしてないけれども、今この場所にいます。

 

今でもわいはしょっちゅう「真面目系クソ人間」を連呼します。自分が好きかと言われれば嫌いだし、自己肯定もあんまりないままです。だから、まあ、いつかは崩れるんだろうなとは思ってますが、今はこのままでいいかなと思います。また無理に変えようとして人間関係壊すもの嫌だし。

 

まあ、未だにわいの一次、二次創作問わず作品を好きって言ってくれる人、見つけれてないんですけどね。昔言ってくれた人たちは皆消え去ったし、今わいはまだ見知らぬ誰かに向けて作品を書いてます。その誰かをいつ見つけられるのか全然分かんないですけど、いつかまた出会えればいいなと思って、まだのんびり続けます。

 

愚痴になってしまった。まあ、いいか。

また書きます。