意味不明青年の朗らかな破壊

完全不定期に、小説書くのに行き詰った時や、なんか書きたくなった時に書くブログです。

6.19

晴曇空です。関西の方々大丈夫でしょうか。あまりとやかく言いませんが、家財や家族も大切ですが、何よりもご自分を大切にしてください。あなたが壊れてしまっては元も子もないです。泣きたいときは泣いていいです。それが逃避になるなら。不安な日々は続きます。どうか。

 

最近、相方や友人から優しいと言われます。ただ、そう言われても、中学校時代の記憶でずっと引きずり続けている『お節介焼き』と言われてるようにしか聞こえないのです。

『お節介』と『優しい』って同じような意味で実は割と違うんです。

『優しい』は、

おとなしく、すなおだ。「気立ての―娘」。思いやりがあって親切だ。

一方の『お節介』は、

出しゃばって世話を焼くこと。不必要に人の事にたちいること。

幼い中学生のころの僕はこの意味を 知ってしまって、愕然としてしまったんですね。良かれと思ったことが裏目に出る。それは今でもやってしまうことで、悪い癖だなぁと思うんですが、いまさらやめれるわけでもないですし。

とはいえど、どっからが『優し』くて、どっからが『お節介』なのかは紙一重だと思うんですけどね。人によって尺度も違うでしょうし、そんなの知らねえって話なんですけど。

ただ、過去の私がブログで吐いてた気がするんですが、僕は昔から自分を「偽善者」と嗤ってきました。昔ほどないにせよ、今も私は自分を「偽善者」だと思ってます。それは卑下なのかもしれません。ただ、そうして卑下するのも、結局は中学生のころに「お節介焼きだ」と言われたからなんだと思うんですけど。

今日のブログのこの出だしだって、今の関西の方々からすれば「何も知らない他地域者が、何を言うか」って思われる方がいるかもしれません。そうなれば、あの冒頭は『お節介』になるわけです。一方で、いないとは思いますが「あぁ、この人は優しいんだな」って思われる方がいるかもしれません。そうすると私は「優しい人」になるわけです。ほら、結局他人の尺度で変わるんです。だから気にするだけ無駄だと思うんですけどね。それでもこの意識は拭えないんです。その要らねえ「お節介」で幾度も身を滅ぼすような経験をしたのにも関わらず、今でもその考えは捨てきれないんです。なんなんでしょうね、ほんとね。

 

相方に言わせれば私の「優しい所」は「他人を否定しないところ」だそうです。そりゃあ本当に悪人には腹も立ちますし、何でそんなことすんのかな、と思うことは多々あるんですが、でも確かに非難するのは好きくないです。最近の様々において、思えばそんなに非難したことはないです。特に創作関連については、特に。まあ過去に私がつらい思いしたからっていうのもあるんですが。でもそれが果たして「「優しい」といえる行為なのか?」と考え始めてしまうあたり、このめんどくさい思考は根が深いです。

 

まぁ、今日のブログはそういう話をブツブツ心の中で生まれることが最近多かったので、それを吐くために書きました。なので、明日以降、こういう思考が収まってくれればいいんですけど、多分「優しい」って言われるたびにこうなります。ああめんどくせ。

 

そういえば、このブログを書き始めて5年になるんですが、今年はすでに5年間の中ですでに一番多く記事を書いてるそうです。まあそれだけ私も純粋な人間じゃなくなったってことでしょう。ただ、こうして色々考えることが悪いとは、実は思ってないです。確かに、それが鬱のトリガーになることも多々ありますが、それによって他人よりいろんなことを考える、っていうのは、それだけ色々な観点から意見が言えるようになるので。ただ、あまりに最近こういう思考で頭が埋まってしまって、まったく小説が書けないので、そろそろ想像力の方にスイッチしてくれないと困るんですけどね。まあ、でも、これからもこのブログで、腰を据えて色々書き殴るつもりです。読者の皆様には、今後ともお付き合い頂ければと思います。

それでは、また。

6.14

晴曇空です。

パソコンを変えて、iTunesのプレイリストやらなんやらが全部吹っ飛んでしまって、そして復興しながら久し振りにwowakaさんの「アンノウン・マザーグース」を聞いたんですよ。そしてwowakaさんの解説よんで、ふと思ったことがあったので、書き殴っときます。どうせこのブログなんて読んでる人いねえだろ、っていう体で書きます。

 

何故、創作を始めたのか、ていう話はもうこのブログで何度も話してきたわけですが、僕が創作を始めた大きなきっかけっていうのは、あまり話してこなかった気がします。

僕が創作を始めたきっかけは、「人気者じゃなかったから」です。元々昔も今も心のどこかで誰かに好かれたい、人気者になりたい、って思ってる節があるんですけど、鈍臭くて、泣き虫で、他人とどこか違うところが多かった僕は、人気者になんて慣れるわけもなく、毎日毎日クラスメイトからの悪ふざけに耐えて生きてました。それでもいつかは人気者になれる、ってどっかで思い続けてて、そしてそこで僕の心に「理想の自分」ができたんですね。なれるわけないのは分かってたので、その姿をある一人のオリジナルキャラクターに投影させました。そいつを小説でも脚本でもない形で書き綴ったのが、僕の創作の始まりです。キャラの名前なんかは考えられなかったので、こっそりクラスメイトから拝借したりして。純粋に楽しかったです。今見れば自分でも「バカな設定だなぁ」と思うことも多い作品たちですが、それでも当時の僕の考えた「さいきょうのじぶん」がいて。やりたいことや夢が書き綴られていて。本当に物書きするのが楽しかったんだなぁって思います。

 

それから十年近くの日々が経った今の自分は、一体何を書きたいんだろう。何がしたいのだろう。かなり鬱かった頃からずっと模索してきましたが、最近相方といる時間が一日の半分を占めて、いっぱい言い合いして、文句言いまくって、そんな生活をしてようやく見つけた気がします。今の自分が書きたいのは、「生活の中にある当たり前の幸せ」。

艦これの瑞加賀だとか、ほかの百合を読んでると、大体イチャイチャしてるシーンが占めるわけですが、そんな中僕はずっとイチャイチャというよりは、そのシーンに二人いるだけのような、そんな作品を書き続けてきました。それが果たして百合と呼べるのかは甚だ難しいとこだとは思うんですが、少なくとも、相方のように、同人誌を買って、「また次も楽しみにしてます」と言ってくれた方のように、いつもブックマークしてくれてる方のように、少ないけれども、自分のその作風を好いてくれる方は存在してました。感想がこねえなぁとか思うことが多いこの最近ですが、評価されることも少なくなりましたが、自分のこの方向性は変える気はないです。最近シリアスばっか書いてますが、なーんかゆるっとしたのが書けなかったからです。その理由として、宙ぶらりんだったことも挙げられると思います。なので、僕はこれからもシリアスを交えつつも、「生活の中にある当たり前の幸せ」をテーマに、私独自の百合を書き続けてきます。そう決めました。なので、これからも読んでくださる方々、何卒宜しくお願い致します。また、これを読んで「読んでみようかな」と思った方はこちらよりどうぞ。

 

そんな話です。また。

 

 

6.8

電車が遅れやがって大学遅れそうです。晴曇空です。

 

三日前のブログで自暴自棄になってましたが、今回の相方はしっかり私を見てくれていて、別れることなく平穏を取り戻しました。

今日のAPOLOGIESの秋田日記読んで、ゲームだとか音楽が心波立つものだという部分に少しハッとしました。少し共感しました。

ともあれ、最近また物書きとしての自分が自暴自棄になってます。Twitter見てると「新刊の感想が届いて嬉しいです」みたいなツイート見る度に、「俺ん所感想なんて来ないのにな」とかすげえ思うんですよ。とはいいつつ、通販で買ってくれた方が「次も楽しみにしてます」って言われたことはあるんですが、それでもやっぱり内容に踏み込んだものが欲しい。

いや、努力不足だとか、技量が足りてないのは自分が一番分かってます。言われずとも。けど「あぁ、確かに感想貰えないの辛いですね」って同情されるより、感想が欲しいです。というか「感想もらいました」ツイートなんて消えてしまえ。お礼にSSでも書いて言ってくれた人に送りつけろ。今このブログ読んでる私の作品の読者がいたらtwitterのDMに「良かったです」でも送りつけろ。作品お見舞するぞ。初見でもFF外でも関係ないぞ、引退しちゃうより良いだろ!

 

てことを言ってると「あんただって感想言ってないでしょ」とか言われそうですが、昔よりは短くて恐縮しつつも言うようにしてます。欲しいからという理由よりは、やっぱり言いたくなるからね。いい作品は。

 

そんな作品が書けるようになりてえぜって思ったら大学に着いた。こりゃ遅刻だわ。

 

5.25

どうも、晴曇空です。風呂上がりで暑くて寝れんので、これ書いて寝ます。

 

すごく個人的な話なんですが、パソコンを買い替えたんですよ。今まで4年前に突如親父が買ってきた、Geforce 860M 2GB、メモリは16GB、CPUはi7の4800番台っていうミディアムゲーミングノートだったんです。最初こそマイクラが軽く動けばいいってなもんで、それだけで満足していたんですが、人間環境に慣れてくると、上に行きたくなるもんで、いろいろゲームを買い足すうちに、段々スペックが足りないと思い始めてきて、ぼんやりと探し始めたのが去年の最初。それから約1年半を経て、念願かなって新しいゲーミングノートを買ったんです。タワーの方が分かってながら、タワー置く場所がないので、こうなりました。

今回の新しいパソコンのコンセプトは「PUBGを快適にやりたい!マイクラの影のSEUS ver11を快適にやりたい!でも値段は20万以下で!!」っていう何とも我儘なもので、そこからでた結論が、グラボはGTX1060 6GB、CPUはi7-7700HQ、メモリは32GBっていうなんだかよく分かんねえもんになりました。オプションがメモリ32GBと、光学ドライブをブルレイ対応にして占めて21万。若干予算オーバーしたけど、まぁいいや。

結論を言えば、大当たりでした。今日届いてなんやかんや設定しつつ、古いゲーム仲間とBF1やらPUBGやらフォートナイトやらをやったんですが、BF1もPUBGも昔のパソコンだとFPSが最低画質でも20、30うろちょろだったのが、ウルトラ画質で60以上は確実に出るし、 マイクラのSEUS ver.11もRenewedもFPS60超え(SEUS ver.11に至ってはミディアム設定の場合130まで行った)という。ゲーム仲間の皆々様には終始「うおぉぉぉハイスペックすげぇ」と喧しくて申し訳なかった。でもそれだけすごかった。

うちのWi-Fiもac基準対応のルーターのくせして、前のゲーミングノートがacに対応してなくて、宝の持ち腐れ状態だったんですが、ようやく使う日が来ました。おかげでBF1のping値は16でした。早い。あと個人的にキーボードが光るのもテンション上がった。

やりたかったマイクラ生放送も、映像的にはカクついてましたが、プレイ的にはシェーダー入れてもなんら問題なくぬるぬるだったので、設定いじくってちゃんとぬるっと動くようにすれば問題ない感じ。今日は終始テンションが高かったです。

そんな感じで、大学行かずして余った時間を設定に費やしてたので、明日からバリバリ大学頑張ろうと決意しました。ちなみに大学四年の夏までこのパソコンのローンがあります。月8800円。ひえぇ。がんばろ。

ともあれ、このパソコン買ってよかったといえるように、勉強とか、その他もろもろ頑張ります。はい。

 

それでは寝ます、おやすみなさい。

5.19

どうも、晴曇空です。

最近はつい先日配信されたPUBGmobileばっかやってます。

PC版のPUBGも持ってるには持ってるんですが、劣化し始めたうちのミディアムゲーミングノートPCじゃ打ち合いになるとFPSが一桁台まで下がって、行っても2位という。

荒野行動もPUBGが配信される前まではやってましたけど、なんか馴染めなくて全然キルが取れなかったんですが、PUBGmobileにしたら変にすぐやられなければ、誰かしらキルできるので荒野行動は消しました。ちなみに今ランク21くらいです。最近の悩みはKD比が分かりやすく下がってる事です。関係ないですけど、「流離い」を「るがたい」って呼んでました。正しくは「さすらう」です。へー。

5月もなんだかんだ後半戦になってきましたね。3月初めに今の相方と付き合い始めましたが、なんだかんだ平凡な日常を過ごしております。お陰様で鬱状態も回復してきて、今年初め程凹むこともなくなってきました。やっぱり受け止めてくれる人って必要だな、と思いました。

 

今週のお題「あの人へラブレター」

ブログ名を変えました。

晴曇空です。

ココ最近更新ペース早いなあと思うんですが、当人にしてはそうでもないです。

さて、何を思ったのか、ブログのタイトルを変更しました。デザインを変えたり、こうやってタイトルを変えたくなってるのは、もしかしたら過去の自分からのアップデートを示唆したいんかな、とか自分で思ってます。真意は行方不明です。

そんな新しいブログ名は『意味不明青年の朗らかな破壊』。あれ、記事タイトルから昇格しただけじゃないか。そうですよ。

とりわけ書くことがないので、お知らせだけ書いて終わります。

 

〇5月6日砲雷撃戦にて頒布した新刊、『瑞加賀垢ネタ集Ⅰ』の電子版を販売しています。興味のある方は是非除いてみてください。500円です。

紙媒体としては9月参加予定の砲雷撃戦にて再販予定。

 

〇昨日夜から始まっている、ネット上の同人誌即売会『Booth Festival』にて、その昔お世話になった渚ノン(Twitter:@Mushi13a_)初の同人誌の文字入れを担当しました。誰ソ彼ホテルがお好きな方は覗いてみてください。


ではまた。