意味不明青年の朗らかな破壊

完全不定期に、小説書くのに行き詰った時や、なんか書きたくなった時に書くブログです。

6.14

純粋に暇なだけなので、ブログを更新します。前回はオタ話でしたが、今回はなんとなく創作論をただ連ねます。鼻で笑ってお読み下さい。

 

このブログでは何度も書いてますが、わいという人間の作家としてのアイデンティティは不安定なんですよ。書きたくて書いてるはずが、いつの間にか誰かにフィードバックを貰えると思い込んでしまって嫌になるって言うのは、もう何回書いても繰り返す性なんですが。

 

まあぶっちゃけて言えば、作家としての自己肯定なんつーもんは、わいにはない訳です。どうせ書いたって誰も読まねえ、感想も来ねえ、そういう諦めの延長に晴曇空という作家がいたわけです。だから崩れるんも早かったんですよ。だって目標も無ければ、したくて書いてるわけでもなかったんですから。なんの為に小説書いてたんですかね、本当にね。

 

その癖周りには評価されるクリエイターが多かったわけです。幼馴染然り裏垢のフォロワー然り相方然り、皆評価されてるもんで、もう本当に精神的に参ってしまった、ってのが今までのハイライト。

 

つい最近、ある方にアドバイスしたんです。詳しくは忘れましたが、なんか「なんでもいいから目標を立てろ」みたいな話をしたと思います。

ぶっちゃけて言います、人にはそう言うくせして、別名義で小説を書いてる今、わい自身に目標なんて未だにないです。「何PVを目指す」っていう目標もないし、「誰々に読まれたい」っていう目標もない。「どういう話を書きたい」っていうのもない、全く無方針、無目標で今でも死に切れない作家ゾンビをやってます。それしかアイデンティティがないから、やってるんです。そういう意味では、人に偉い事を言える立場じゃないわけです。

ただ、昔と比べて少なくとも今は書いてて楽しいです。それはなんでか、と言われたら正直分かりません。考え方が変わったのかどうかは分かんないです。強いて言えば、他の人、例えば評価される事が何より憎くて仕方なかった相方の作品や、フォロワーの作品を真正面に見ても、あれっほど感じていた劣等感や嫉妬を感じることはなくなりました。でも、それがどうしてそうなったのかは、やっぱり全然分かりません。それを抜け出すために何かをしたわけでもないし、あれほど行け言われてる精神科に行ったわけでもない。本当に何もしてないけれども、今この場所にいます。

 

今でもわいはしょっちゅう「真面目系クソ人間」を連呼します。自分が好きかと言われれば嫌いだし、自己肯定もあんまりないままです。だから、まあ、いつかは崩れるんだろうなとは思ってますが、今はこのままでいいかなと思います。また無理に変えようとして人間関係壊すもの嫌だし。

 

まあ、未だにわいの一次、二次創作問わず作品を好きって言ってくれる人、見つけれてないんですけどね。昔言ってくれた人たちは皆消え去ったし、今わいはまだ見知らぬ誰かに向けて作品を書いてます。その誰かをいつ見つけられるのか全然分かんないですけど、いつかまた出会えればいいなと思って、まだのんびり続けます。

 

愚痴になってしまった。まあ、いいか。

また書きます。

 

 

6.12

音ゲー」という言葉、実はSEGA登録商標なんですよ。晴曇空ですぅ~(また某プロゲーマーの真似)

ちなみにネタがもうないです。

 

先月終わりに発売された、私が血反吐を吐いて、発表された瞬間、開発元の本社Twitterにわざわざ英語でお礼を言うほど待望したゲーミングマウス「G502 HERO Wireless」の話をします。ちなみにふぁぼされました。

 

元々G502は気に入ってたゲーミングマウスだったんですよ。長く使ってたし。それを無線のG902に買い替えるタイミングで、相方に渡したんですけど、G902、無線は良かったんですけど、やっぱアレコレ足りない、ってなって、「やっぱG502だよな~~~~ワイヤレスで出たら即買いするのにな~~~~」ってしてた一週間後に発表されました。情報初出は外国の本社だったんですけど、あまりに欲しすぎて、5月中に日本で発表が無かったら、輸入して買おうと思ってたほど、即決でした。まあその一週間後に日本発売が5月30日だって聞いて、あまりに早くて驚いたんですけどね。結果として、G903は一か月しか使わなかったです。

G502の何がいいって、左クリックに2ボタンついてるのが大きいですよね。あと持ちやすいし、ウェイト調整も結構細かくできるし。ちなみに今はウェイト全盛りしてます。この前ApexLegendsの放送中にマウス吹っ飛ばしたからね。えぇ。ただこいつも2万近くするので高い。でも神マウス。

 

っていうオタ話をして今日は終わりです。

そいでば。

6.9

雨の日が多くなってきました。雨の日が多くなってくると、蚊の卵が多く生みつけられるので、皆さんはね、防虫対策をしっかりしてください。晴曇空ですぅ~(某プロゲーマーの真似)

 

まあ、しばらく書きたい話もなかったので放置してましたが、美味しい、と言ったら全員にボコられそうですが、創作系について意見を求められたので書くことにします。この手の話題では毎回言ってますが、これはわいの個人的見解及び意見であって、『これが正しい』『こうしろ』という強制力は全くないので、ふっと心に思ったそれが、貴女の意見です。捨てるな。それはまだ食えるぞ!!!

 

さて。

今回の話なんですが、何か前にも書いた気がするんですが、リスペクトとパクりの話ですわ。何か前にも書いた気がする。

まあ今回の発端について簡単にまとめると、以下のようになるんです。

某方がこれまた某方の作品の方向性を丸パクリしてるのでは、ていう話を相方にされたのだけど、パクッたと言われた方の人間は、私が警戒してた人なので笑ったし、自分のそういう人の見抜きは大体当たるので、つまりわいもクズ野郎です。ちなみにパクった人間≠わいです
例えば、『この作品が好きだからこれみたいな話を書きたい!』って言ってまあ大まかな設定を寄せるのは良いとしても(わいの『世界終末期』なんかそうだけど)、細かいディティールや設定まで寄せるのはあかん思うわけですよ
まあボカロ曲でもなんでも、意図せずメロディラインが被ってしまう、ってのは星の数ほどあるんだからしゃーないし、影響を受けてしまうのはしゃーない。でもそこで良しとせず、そこからいかに自分らしさを出すのが大切なんじゃないのか。特に、艦艇擬人化を一次創作としてする流行りなら特に。
詳しくは知らないから今んとこはこれ以上言及しないけど。件の人はわいが男と分かるや否やいきなり距離を取ったし、逆に女性にはほぼ毎回リプ送ったりしてたから、危ないとは思ってたけど。まあそれが私の被害妄想だとしても、まあ、そういう人間なんかなと思ったりしましたけど。
まあ1番は、パロディとかリスペクト作品を作んないのが良いんだけどね。ベースから作った方が愛着も湧くし 

 

一応これが簡単な、当たり障りのない経緯です。もっと簡略化するなら、ある人の作品を、応援してた人が方向性を似せて描いてきた、って話です。この文面だけ見れば、作品を描いてない人にしちゃあ、別段おかしくもなんともない話だと思うんですが。

 

さて、こいつを説明するには、まあクリエイターとしての感じ方を書かないと分かんないままなので書いてきます(前述の通り、以下はわいの個人的な考え方であって、全員がそうというわけではないですからね?)。

例えば、今別名義で書いてる話の中で、わいが高校時代に徹夜する程熱中したソシャゲ、最近リメイクされたことでも話題になってる『消滅都市』ってのがあるんですが、それをリスペクトした作品があるんですけど。

元々『消滅都市』のシナリオはめちゃくちゃ好きなんです。タクヤとユキの二人と、その周辺が織りなす先の見えない話と、手に汗握るバトルがめちゃくちゃ好きだったんです。ちょうどその時、ゴーストライター疑惑で消えた(下手なところで炎上したくないので名前は伏せますが)某ボカロPの世界終末系の話もあって、『自分もこう言う話を書いてみたい!』ってなったんです。そこで、まあ小難しい用語とかは、言い方を変えたりしつつ参考にして、シナリオ自体は一から十まで作りました。実際、私の中ではこれをリスペクトの範囲だと思ってます。異論は認める。

じゃあパクリは何か、と言ったら、もう方向性も要素もほぼ似せてくることだと思ってます。分かりやすいところで言えば、何かのソシャゲのキャラの、髪色や瞳の色や服装とか、そういう所を色だけ変えて、あとはほぼ一緒、っていう。これってもうリスペクトじゃないじゃん、って思うわけですよ。

 

さて、この例え話(?)の違いって何か、抽出して考えます。

 

・話の題材は(完全一致ではなく)方向性は似てても、まあしょうがない。

・ただし、展開やシナリオ(イラストでいう所のキャラデザ)等は一から十まで、全部自力で組む。つまりは、オリジナリティを全開に押し出すことはマスト。

・元々の物とあまりに一致点(類似点)が多いとアウト。

 

個人的には、こういう所で、パクリか、リスペクトかを決めてます。もちろん決め方はさっきも言った通り、異なるので悪しからず。もっと厳しい人もいると思いますわ。

 

まあね、ぶっちゃけ言うとですよ、リスペクト作品なんて作るもんじゃないですよ。だって絶対数割はパクリっていう人が出るんだから。

でも、何でじゃあこうやっていうかって言うと、一番分かりやすい例がボカロ曲なんですけど、ボカロ曲もイラスト、キャラ、小説、そういう創作物は星ほど、いや、星以上にある訳で、必ずどこか、影響受けたりして、類似点って出てくると思うんです。それはまあしょうがない。だって星以上にあるんだから、数割似てたってしゃーないとしか言いようがないんです。意図して似せたわけじゃないっていう人もかなりたくさんいるわけですし。

但し、それで全部解決したら警察なんていらないんすわ。それを言い訳にして他人の著作物のアイディアを丸パクして自分のだ、と言い張る人ってのは、残念ながらいるんですよ。二次創作が昔から議論されてる理由は、まあいろいろと理由はありますが、大まかはそこなんです。原作アニメ、つまりは "他人の著作物のアイディアの設定" とかを『拝借』して成り立ってるのが、元々二次創作なんですから。

今や大手二次同人作家は多いですし、そこから原本に興味を持って、ファンが増えるって言うのもあるので、まだ黙認されてますが、もちろん二次創作を禁止するアニメだって存在します。

 

…何の話だっけ?この流れもどこかで見たぞ?

 

まあつまり、他人の創作物と方向性を似せて創作するのはやめといた方がいいと思いますわ。基にする創作物を作ってる方の、本当にファンだというのならば、マジでやらないほうが幸せだと、僕は思うんですが。それに沿わせる必要性はどこにあるんですか?確かに相乗効果で伸びる、っつーのはあると思いますけど、アナタがしたいのはその人を超えることなんですか? そんな好きならやめた方が精神的に絶対良い。

私もこの名義の作家をやめた頃、相方や友人を越すことにばかり躍起になってましたけど、今思えば本当に馬鹿だったし、縁も切れたし(相方はまだ続いてますけど)、本当にロクでもない事ばかりでしたから。

 

これで話したいことは終わりですわ。

今やってる創作は、本当に楽しいですか? それは真面目に楽しいですか?

過去の僕にそう聞きたいですね。

 

僕は、今一次創作メインで据えてやってますけど、めちゃくちゃ楽しいです。自分が苦心して練り上げた世界を、真っ白いキャンバスに描くのは、最高です。でも、このブログで紹介するのはもっと先かな。納得できる作品が出来たときにでも。

 

次は6月初めに買った、新しいゲーミングマウスの話でもしますかね。

また書きます。

 

 

5.27

五月病を患ってると思ったら、五月月曜病にかかってる気がします。なんでか月曜日に大学に行きたくないっていう、意味の分かんない人間になってます。どうも、晴曇空です。ちなみに火曜日以降は行けるんですよ。なんだろね。

なんだかんだブログを書こうと思い立っては、書くことねえな、と思ってブラウザ閉じる生活をしていたら、ゆうに10日経ってました。時間って過ぎるのが早いですね。一分一秒を大切にしないといけませんね。ね。(特大ブーメラン)

 

相方のおかげで最近は特に鬱になることもなくて、死にたい、と思うこともなくなってきた今日この頃なんですが、昨日相方に「空さんこれっぽくない?」って言われて見に行った精神障害があったんですよ。「境界性パーソナリティ障害」ってやつなんですけど。

最近は全然胸を張れるほど真面目な大学生生活送ってないとはいえ、一応私も福祉心理の大学に行ってるので、精神病の授業かなんかで聞いた覚えはあるんですよ。多分一年生の頃にやったんじゃないかなとか。

確かに思い当たる節はたくさんあったんですよ。色々と喪失経験をしてるので、一時期相方に対して「捨てられる」と思ってたことだったり、対人関係は長く続かなければ、依存もするし、癇癪起こしやすかったり、まあいろいろ。それで作家やめたのもあるし。

今でこそこうやって言えるんですけどね。もう少し前だったら、相方に八つ当たりしてた気もするし、今この瞬間鬱かったかもしれません。でも今はそんなことはないので、ま軽くなったんじゃないかなとは思います。完治したとは微塵も思ってないけど。あ、でも薬物とかの物的依存はしてないですよ。

 

まぁ、そんな話を書いててなんですが、今日もまたゲームのフレンドさん一人減ったので、やっぱわいには対人関係を長く持たせるのは難しいなぁ、と思った次第です。

 

そんな感じです。

また6月に。

 

5.16

やることが特にないのでブログを更新すると言う意味不明な行動をとります。言うて意味不明青年ってもうブログタイトルで言ってますし、今更ですね。はい。晴曇空です。

 

とはいえ、別に言いたいことも書きたいことも特にないんですよね。強いて言うならまたゲーミングデバイスの話になるんですけど、そもそもあんまりゲームやらなかったり、ゲームはやるけどそこまでこだわらない、って人には読んでても、あんまり面白くはない気がします。でもします。書くことないし、先日の記事で、どうやらゲーマーな方が読者についたようだし。

 

私が贔屓にしてる Logicoolっていうゲーミングデバイスメーカーの本社、Logitechの方で、私が長く愛用していたG502のワイヤレス版が発表されて、「そりゃあもう買うしかないじゃねえか!!」ってなもんで、日本発売の情報を二週間ぐらい待ってて、あまりに発表が遅いから、もう輸入で買おうかと思ってたところ、今日発表がありまして。5月30日発売。案外近かったので、大人しくamazonで予約しました。給料日の直後で、しかも代引き、さらにはうちのバイト先のローソンで受け取れるって言う神さでハゲるかと思いました。代引き手数料高いけど。これで少なくとも月末までは生きます。ありがとうLogicool

 

 

一昔前まで、私もれっきとした有線教だった私ですが、先月末に買ったLogicoolのワイヤレスゲーミングマウス、G902でワイヤレスゲーミングマウスの便利さをまざまざと見せつけられ、ただG502の操作感が恋しくなって、絶対出たら買おうと思ったら、こんな目先に出されてしまいました。G902も2万越えする買い物だったのに、今月末もまた2万の出費とか血を吐きます。でも買う。死ぬ。なんだかんだ私の環境構築は続きます。

 

あと書くことってあんまないんですよね。昔からの読者さんにとっては、もう見飽きた文面だとは思いますが、このブログ、ゲームの話だけじゃなくて、まあ精神面な話とか、炎上しそうな持論書いたりとか、決して楽しい話ばかり書いてるわけじゃないです。まあ、あらゆる角度の読者がつくのは別に悪いことじゃないと思いますけどね。却って、自分の好きなワンジャンルの知識を仕入れるだけじゃなくて、ある程度色んな角度の知識を得るってのも、結構いいもんですよ。

私もなんだかんだ、昔は音楽ばっかり聞いてた頃は(今も聞いてばかりですけど)、好きなアーティストの情報ばかり仕入れてたし、マイクラばかりやってた頃は、マイクラのことばかり漁ってましたけど。

でも、このご時世、それだけじゃ生き抜いていけない気がするんですよね、知っとかないと自分が不利益被ることが多くなってきたし、私みたいな真面目系クズ人間や、炎上発言して免職される議員や、叩きたがりのネットユーザーとか、色んな人が目につきやすい環境にもなりましたし。そういう海の中で、対岸の島まで泳ぎきるには、やっぱり知識の量はお助けアイテムになります。

 

って、偉い人が書けば、そういう知識を仕入れるには新聞を読め!って言うんでしょうけど、私的にはネットニュースでも十分じゃねえかなって思います。なんなら、朝昼晩送られてくるLINEニュースの見出しで、エンタメニュースじゃなくて、ちょっと堅めなニュース記事見るだけでもだいぶ違うと思います。簡潔に書いてあるし、関連記事でもみりゃあ完璧だと思ってます。昔ほど暇な日本人じゃないからね。

 

書くことないって言いつつ、いつも以上に書いてましたわ。今日の記事、暫くご無沙汰してたワイヤレスキーボード使って、携帯で書いてたんですけど、やっぱりこいつ便利ですわ。出先で仕事書類や、レポート書かなきゃならない人には良い味方になると思いますよ。

 

あ、買うときはちゃんとiOSandroidのバージョン対応のキーボード買ってくださいね。箱の側面とかに書いてあるので、確認してください。

 

また書きます。

 

 

5.12

あれだけ平成の終わりだって騒いで、令和の始まりだと騒いだ世間も、すっかり鳴りを潜めて、ゴールデンウイークなんていうサービス業を殺す10日間も過ぎ、気が付けば中旬になってしまいました。当ブログは現在平成32年です。嘘です。晴曇空です。

 

最近のわいの生活は、まあ変わらないですよ。大学に行ったり、バイト行ったり、相方に甘えたり、ゲームをしたり。お陰様で相方とは3月で1年になりました。いつもありがとうね。お陰で去年よりは安定してきました。

 

ただ考えることも変わんないです。死にてえとは考えなくなってきましたが、友人や誰かが死にたいって言ってれば、どうしたんだろう、とか、どう言葉をかけてあげたらいいんだろう、とか考えたり。思考の方向は自分よりは、相手に向くことが増えてきました。きっと良い事だろうとは思いますが、あまり相手の事ばかり考えると、今度は自分を見失うので、そこらはバランスを見てやっていきたい。

 

そういえば、数年前はよく聞いたアーティストだけど、最近聞いてなくて、久しぶりに聞いたら、あんなことやこんなことを思い出した、みたいな経験ないですか。わいはしょっちゅうあるんですけど、というか、夏希に教えて貰ったアレソレが特にそれなんですけど、まあなんか、寂しくなりますね。

ついつい夏希に甘えたり、マイクラしたりして、何だかんだと楽しかったのが、もう三年前なんだって考えると、色々考えてしまいます。『あの頃から自分は変われたのかな』とか、『あの頃夢見た幸せな生活はあるのかな』とか。三年も経ってますし、今周りを見れば、少なくとも変わったんだと思いますが、どうもね。

 

後はそう、相方と話してたんですが、わい、結構オタクっぽい性格してないんですよね。ブログとかだとこうやって長く書くんですけど、あまり話すのは好きじゃないし、雑談ともなれば、聞いてる方が楽なくらいなんですよ。まあ他人に好きな物をうざったく勧める、ってとこはありますけど。

 

もう何言いたいか分かんなくなってきたので、締めます。

令和もどうぞ良しなに。このブログいつまで続くか分かんないですけど、一応6年近く存在しているので、とりあえずすぐ消えることはないんじゃないんですかね。

また書きます。

4.29

もうそろそろ元号末です。テレビ番組は年末みたいな妙な空気になってますが、皆さん、除夜の鐘は鳴りませんからね?晴曇空です。

 

最近ゲーミングギアの話ばかりしてたので、たまにはゲーム自体の話をしようと思います。

BF1っていうゲーム、まあFPSやってる人なら、誰でもご存知だと思うんですが。

私がBF1やってた頃は、それこそ旧ゲーミングノート時代で、マイクラを主に遊んでた時期なので、カンストするまで込んでませんでしたし、そもそもゴミクソエイムだったので、KDも振るわず、「FPSなんて面白くないな」って思ってた時代が、私にもありました。えぇ、ありましたとも。

まあそんなもんで、基本的に突撃兵、当時は敵なしだったAutomaticoばかり使ってたわけですが、まあそれもかなり弱体化してきて、また夏希とも色々あったので、いつの間にかBF1もやらなくなっていきました。PUBGもBFVも出てきてしまいましたしね。

 

それからもう一年くらい過ぎて、BFVもマンネリしてきたので、気分転換にと久しぶりに起動したんですよ。まあ最近BFVもなんとかKDも1超えるようになってきましたし、セミオートライフルもそれなりに使う機会も増えて、エイムも少しは良くなってきたしと。

そしたら楽しいですね。当時諦めてたセミオート系でもキル取れるし、Martini-henryも改めてクソ強いっていうのが分かったし、BFV以上に弾当たんねえゲームだなってのも分かりましたし。全盛期にそれだけ楽しめるだけのテクニックが欲しかった。

 

とはいえ、私もまだまだテクニックは未熟だし、KD割れることもざらにあるので、まだまだ精進しなきゃなあと思います。っていうのは小説でも、今までの習い事でも思うことはあるんですが、FPSは特にやればやるだけ結果がすぐにフィードバックされるので、一番やる気がある趣味ですわ。続ける。

 

まあそんなもんです。

また書きます。

 

p.s. 前回書いた質問、未だに募集してますよ?一件も来てないけど。