意味不明青年の朗らかな破壊

完全不定期に、小説書くのに行き詰った時や、なんか書きたくなった時に書くブログです。

2.11

なんだかんだ言いながら、作家の端くれなんだと思えるような話をします。

 

Twitterの某タグで某氏と話していたときの事なんですが、軽く「表現」の仕方の話になったんですよ。その方曰く、「「表現」することにおいて何が最善かをよく考えてらっしゃるイメージがある」とのことで、そのこと自体は嬉しかったんですが、色々と考えもしました。

私が物書きを始めたときの話は何度もこのブログでしましたが、私が影響受けたものについてはそんなに言及してないような気がするんです。

多くの作家さんは、例えば芥川龍之介とか、太宰治とか、夏目漱石とかそういう俗に言う『日本文学』というものから、物書きの仕方を学んでいるんだと勝手に思っていますが、実は私自身それ程日本文学には精通してないんですよね。全く読んだことが無いというわけじゃないんですが、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」さえも完読した覚えがないですし、夏目漱石の「こころ」や太宰治の「人間失格」等、興味があって手を出すものの、なんだかんだ有耶無耶になって読み切れてなかったりします。

一方、ライトノベルは高校時代馬鹿程読んでて、伏見つかさ氏の「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」や、枯野瑛氏の「終末何してますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?」とか、何故かメジャータイトルはそんなに読んでないんですが、かなりの量のライトノベルを読み漁ってました。ので、私が一番作風や書き方に影響受けたのは、実はライトノベルが圧倒的なんですよね。ぶっちゃけ、話の筋の通し方は、高校時代一気に良くなったっていう自負があります。

 

話を本題に戻して、私の表現の仕方って何だろう、と考えました。

そのツイートを返す時には、「キャラクターの感情を如何に表現するかはめっちゃ考えてる」と書きましたが、実際どうなんだべと。

こうやって客観的に自分の作品の書き方を見てみると、思った以上に考えなしに小説書いてるんですよ。いや、適当に書いてるっていう訳でもないんですけど、なんというか、ぽっと頭に浮かんだ文字をそのまま書いてるような感じで。

とはいえ、たまには「ここをこう書いたらアクセントになるかな」とか、「読み手側が「えっ」ってなってくれるかな」っていうことを考えることもあります。特にシリアス書く時は意識するんですけど。

 

でもやっぱり一番意識するのは、キャラクターの感情なのかな、やっぱり。

僕は三人称視点の小説を書くのが本当に苦手で、だからいつも一人称の小説なんですけど。なので、キャラクターの細かい描写を書くのは必然的に多くなるので、色々考えることは多いです。例えば、子供っぽい子を主人公にするときは、「驚いた」という書くよりは、「びっくりした」っていう言い回しの方が良いかなとか。後は文字で書かなくても、最低限読み手がその情景をイメージ出来るように書いてるつもりではいます。

 

まあそんなところですかね。あとはなんか思い当たるとこもないし。

また何かあったら書きます。では。

2.6

気が付いたら2月になってました。晴曇空です。

最近は「小説書いてます」というよりは、「ゲーム実況投稿してます」と言った方が良いような生活をしてます。過去にも一時期、小説書くのをやめて、実況動画を投稿してた時期があるんですが、それに近い感じです。

動画編集ソフトと言えば、無料で高性能と呼ばれるAviutlが有名だと思うんですが、実はあれ、テキストと軽い動画だけの編集をするなら事足りるんですが、今回のこのGTAVや、PUBGとか、グラフィックが綺麗な3Dゲームの編集をするとなると、編集するにも、プレビューするにもカクつきまくってストレスにしかならないんですよ。専門的なことを言うならば、Aviutlって32bitアプリケーションなので、いくらAviutl側の設定をいじったところで、メモリをそれほど消費できるわけではないので、結果として重いままなんですよ。フルHD(1080p)で60fps出る動画作ろうとすると、なおさら。

それで、この動画でも出ているしばまさ君がゲーム実況動画をやりたいとか、まあ今や懐かしい来駕紫乃先生と撮る機会が増えそうだったのもあって、とうとう動画編集ソフトを買ったんですよね。そしたらプレビューするにも、Aviutlの比較にならないほど軽くて買ってよかったなと思いました。ただ何度かバグに見舞われて、心折れかけましたけどね。

 

小説の方はもうしばらく書くのは控えると思います。瑞加賀とかはバレンタインがあるので、書く可能性もあるにはあるんですが、自分が納得できるような作品を書くのに、やっぱり自分のモチベーションが無いとダメで、最近はそれがさらっさらないので。評価されたいというよりは、この前も言ったように、読む人がいないのに投稿する意味あるのかなって。

もちろんイラストや、こういう実況動画も見る人なんて言うのはそうそう簡単に増えるもんじゃないんですが、なんでだか小説程見てくれ欲求も無く、自己満足でやれているのでやってます。

とはいえ書かないと増えるもんも減るのでね、書かないとなとは思うんですが。創作って色んな意味で難しいです。

 

また書きます。

01.27

いつの間にやら1月も末になってしまいました。晴曇空です。

前のブログから、またもなんだかんだと辛い日々が続いたりして、大学の連中やら相方に迷惑を掛けたりしながらも、何とか生きながらえています。ありがとうございます。

まあそんな中、いつものように小説の閲覧数が伸びなかったりとかで、凄い小説を書くのが嫌になった時期がありまして。その時に相方と偉いケンカしたんですよ。

つまり、「書きたくて書いてるんじゃないのか」、ということなんですけれども。

僕自身、小説を書きたくて書いてるのはもちろんなんですよ。でも、小説を書くって言うのは基本的に一日二日で書けるような代物じゃないですし、1500文字ぐらいの小説を書くにしたって、一日で書ききれるって言うのは、無いとは言いませんけど、例としては少ないんですよ。だから、まあ少しだけでも見られたいと思うのは仕方ないと思うんです。で、相方と私とではそこら辺の考え方が致命的に違っていて、まあそういう話になると口論になるんですよ。

まあ相方の意見もわかるんですけどね。確かに他人に期待してたらダメっていう意見も分かるし、評価ばかり気にしてたらいい作品が生まれるわけがないのも知ってるんですけど。

ただ私のそもそもネットに小説を上げ始めたきっかけは、誰かに小説を読んでほしい、ってところから始まっているので、そこを否定されるといよいよ僕が何で活動してるのか分かんなくなってくるんですよ。書いて自己満足、とは今の僕じゃならないので。というか、それで満足してたら、普通にメモ帳に書いてりゃあ良いんですよ。

色々と自棄を起こしたおかげで、今や鍵をかけてないとはいえ、たかだが10人程度のフォロワーを相手に作品公開してるようなもんなので、仕方ないんですけどね。それぞれが各々の創造に夢中で目に留まらないので、仕方ないんですけど、それでも一人も読んでもらえないっていうのは、なかなかクるものがあります。

イラストとか漫画なら、ぱっと見で良い悪いが分かるんで良いんですけどね。小説は中身を読まないと分からないし、読むにも時間がかかるので仕方ないんですけど。

まあ、そんなことをつらつらと愚痴るということは、はっきり言えば僕がそういう創作方面に向いてないってことなんですけど。

 

ちなみに、同人作家とか、その作品のコピーやってるだけ、と思われがちですが、あれも結構大変で、元になるキャラが言うセリフは限られてますし、そこから自分の創作力をフル回転させて物語を作ってるんで、案外大変なんですよ。しかも、原作の雰囲気を壊そうもんなら、その作品のファンから干されますしね。まあ当たり前と言えば当たり前ですが、著作権云々の他にもそういう対人的な苦労もあるので、大変なもんです。こう言うとあれですが、まだ一次創作の方が好き勝手書けます。それでも書き続ける僕らは、そのキャラへの愛と、ドMかなんかです。

これから同人誌とか作ってみようとか思ってる人がいるなら、それ相応の覚悟が要りますよ。そういう数多の壁を乗り越えたのが大手サークルだから凄いんです。別に冊数捌いてるとか、そういう次元じゃない。

 

また愚痴ばかりになってしまいましたが、そんなところで締めます。また。

1.10

突然虚無感と孤独感に襲われて、ネガティブになってましたが、年始早々にamazonでポチッたamazarashiのPV集『anthology 1386』が届いたので、見てたら色々と気力が戻ってきました。晴曇空です。amazarashi記事です。

anthology 1386 [DVD]

anthology 1386 [DVD]

 
anthology 1386 [Blu-ray]

anthology 1386 [Blu-ray]

 

そもそも『anthology 1386』は、ライブDVD買い始めた頃から欲しかった作品だったんですよ。でも、『0.7』以降ライブの凄さと、色んな曲を知りたかったのもあって、後回しになってたんです。でも、どっかのタイミングで聴いてドハマりした冷凍睡眠のライブ映像が入ってるんで、絶対買ってやるって心に決めてました。

いやね、ここ読んで「え、でも『虚無病』のライブDVDとか、『世界収束二一一六』の特典映像にもあるじゃん」っていうamzリスナーもいると思うんですが。まあ確かそうですけど、一番ノーマルな、あの心臓の映像のが見たかったんだ。3D加工されてないやつをさ。3D加工のも見たことあるけど。

ぶっちゃけやばかったです。もう商品主旨変わっちゃいますけど、もう冷凍睡眠の映像の為に4000円払ったような気持ちです。ちなみにブルレイ版買ったんですけど、初回生産限定版でした。

冷凍睡眠はやっぱりamazarashiの曲の中で一番好きです。好きすぎて艦これでもオリジナル艦娘でもパロディ書きましたけど、多分今新しくやってる「夕碧センチメンタル」っていうやつでも書きます。それだけ詩も好きだし、メロディラインもやばい好きだし、秋田ひろむの歌唱とか全部好きです。くそやべぇ。

 

で、なんだっけ。

あぁ、そう。もちろんPVも全部見ました。改めて見ると、思わず見入ってしまうPVの数々で、YKBXさん始めディレクターの皆さんに頭が上がらない思いでした。いつだか言った気がする被虐者のアリーのPVみたいに、性善説のPV、実は見ず嫌いだったんですが、改めて見ると、「あぁ……そういうことね」ってなりました。確かに、

自分を善だと信じて疑わないときは
他方からは悪だと思われてるものよ
あなただけが私の善なのよ 

でしたね。 普通に良かったです。

 

さて、話は微妙に変わるんですが、12月末のCDJのamazarashiライブやばかったそうですね。APOLOGIOESのスタッフ日記や、まとめ見てとても後悔したんですが、あれでもし「amazarashi聴いてみようかな」っていう人が居たら参考になるように、なんか書こうと思います。

とりあえずamazarashiはメロディだけじゃなくて、歌詞も見てほしいです。amazarashiはメッセージ性が強いので、amazarashiの良さを理解するには歌詞見る事をおすすめします、とだけ。まあ楽しみ方は人それぞれですが。

それを踏まえた上で、amazarashi聴くならここから聴いてみようぜっていう曲をいくつか。

 

  1. 空に歌えば


    アニメ「僕のヒーローアカデミア」のOPにもなったので、知ってる方は多いとは思いますが、聴き始めには十分 かなと思います。

  2. スピードと摩擦


    アニメ「乱歩奇譚」のOP。歌詞がかなり文学チックなので、好き嫌いは別れる気はしますが、amazarashiらしい薄暗さがある気がします。

  3. 月曜日


    漫画「月曜日の友達」の主題歌。お互いがファンだったところから始まったコラボでしたが、めっちゃ良いのでぜひ。

  4. 命にふさわしい


    ゲーム「NieR:Automata」とのコラボ曲。PVはなかなか悲惨ですが、歌詞や雰囲気はかなりNieR:Automataの世界観に似せてるので、NieRプレイヤーはとっつきやすいかもしれませんね。ちなみに私はまだDLC解禁できてないです。

  5. 独白(検閲済み/検閲解除済み)
    検閲済みver.→

    検閲解除済み↓
    iOS

    新言語秩序 amazarashi 武道館公演

    新言語秩序 amazarashi 武道館公演

    • Sony Music Marketing Inc.
    • エンターテインメント
    • 無料

     Android

    語り出したら止まらないんですが、年末のCDJのamazarashiステージを見ていた方に分かりやすく言うと、セトリ最後の曲です。元々は去年の武道館公演のキーとなった曲ですが、単体でも美味しく頂ける曲です。
    「『検閲済み/検閲解除済み』ってなんだ?」っていう方はまあとりあえず聞き比べれば分かります……って済ませたいところですが、不親切なので簡単に言えば、ノイズが入ってるか、入ってないか、ってことです。
    検閲解除済みバージョンは、アプリインストール後、GALLERYにある「独白.mp3」がそれです。検閲済みは簡単に言えばシングル買えってことです。ダイマです。

まあ、そういうのを漁るのがめんどくさい方は、私みたいにライブDVDなんか適当に買って、気に入ったやつから聴いてみる、っていう方法をお勧めします。

こんなところです。めっちゃ書いたので今回はここらへんで。

そんでは。

1.1

明けましておめでとうございます。晴曇空です。

 

色々悩み抜いて、苦しいときもあった一年がすっかり終わって、このブログ書いてる今は毎年恒例になってきた、NHKのさだ生を見てます。相変わらずエッジの効いたお便りが多くてこの番組は好きです。そういえば去年もそんな話を書きました。

今週のお題「2019年の抱負」

まず、去年を振り返ってみましょう。

いやぁ今年こそはのんびり過ごしたい。去年も色々と考え込んだり壊れたりしましたし、なんかそろそろ一回くらいのんびり一年を過ごしてみたい。

これなんですけど。あんまりのんびりできてない気がします。去年も色々と考えたり壊れたりしました。

そして、昨年の抱負はどれだけ達成できたのか。

・イラストのバランス取れるようになる→相変わらず取れてない

・瑞加賀とか赤翔の小説をボコボコ上げる→瑞加賀はそれなりに出したけど赤翔出してない

・瑞加賀日常的な日刊小説したい→11月から一か月出した

・同人誌3冊くらい出したい、イベント出たい→3冊出したしイベントも出た

・色んな人と会う→あんまり出会えてない。

・本当に支えてくれる人を探す→相方ありがとう

 

 

さあそんなわけで、今年の抱負。

・BFVの一分当たりのキル数を1にする。

・オリジナル艦娘作品群『夕碧センチメンタル』を10シリーズ目くらいまで書く。

・実況動画をそれなりに出す。

・オリジナル艦娘の同人誌を出す。

ですかね。イベントは出れたら出ます。

あとは楽しく、明るく生きていきたいですね。それだけが全てです。

 

創作に関しては、今年も好きに書いていきたいです。自分が満足できて、他人が読んでも楽しい作品を書いていきたいと思います。

 

そんなもんです。

今年もお願いいたします。

 

 

 

12.27

ぼんやりしていたら、もう年末ですね。晴曇空です。

このブログ、何度か書こうと思って立ち上げてはいるんですが、途中でなんか書きたいことこれじゃないな、ってブラウザバックしてたら、二週間くらい書いてませんでした。まあ、相変わらずメンヘラ男子な日常を送っています。相方には毎日迷惑かけてます。

 

昔ちょくちょく話題に出してた、某艦隊をこれくしょんするゲームにいない艦船を擬人化して小説書く活動して、もう一年くらい経ってました。それで、色々と思うことがあって、新しくやりたいってんで、新しいプロジェクトを立ち上げたんです。そんで、まあ今まで書いたやつをほったらかすのもな、と思って、前出した短編集に入ってるの以外を入れた短編集作って、まあ早ければ明後日くらいには配布開始できるかな、って感じです。まあコミケに埋もれると思うんですが、それでもいいかなと。

 

この一年、わいの創作活動に対する考え、結構右往左往してましたね。某氏案件で偉い奴ぶって色々言ってきましたけど、まあ結局それっくらいの人間だったってことですね。文章書くのもあんまり上手くなってない気がします。そんなことを言うのももう何回目だろう。

それに反して相方の方はまあ今でも周りにたくさんの人に囲まれて、羨ましいなぁって見てます。元々それなりに人気のある人なので、わいのそばにいてもらってるってすごく罪悪感を感じてるんですけど、本当になんか、うん。おかげで今年のクリスマス、当日はぼっちでしたけど、その二日前にデートしてきました。満たされたと同時に、翌日すごく情緒不安定になって死にたくなりました。そろそろこの性格もやめたい。

 

そんな毎日です。とりあえず今は、いつか日の目を見る日が来るって信じて書くしかないですね。色々において何にもできない人間なので、やるしかないです。藁にもすがる感じで。

 

多分もう今年は更新しないかな。したらしたでまあいいんですけど。

ひとまず、良いお年を。

12.03

どうも、不人気作家晴曇空です。

 

最近暇つぶしがてら、APOLOGIESの秋田日記を一から読み直してます。これでもう3周目かな。元々それ目的でAPOLOGIES入ったようなもんなんで、別にどうってことはないんですけど、でもやっぱり秋田ひろむの文は好きです。ゲームの話も面白いしね。

 

ゲームといえば、最近そこそこ真面目にエイム練習してます。エイム練習ゲー使ってね。

わいの性格上、こう、結構早めにフィードバックが起きるようなことじゃないと、何にしろ長続きしないんですけど、今回は長続きしそう。

小説もなんだかんだ色々自棄になりますけど、書けば文字数として、ある種のフィードバックがあるので続いてます。っつーかそう考えないとやってらんないすよ。周りの人に来る感想とか評価が来ないんだもの。まあ自分のスキルが足りないだけなんでしょうが。

そういう愚痴はどうでもいい。話しを戻して、エイム練習してから、キルがそれなりに取れるようになってきた。PUBGとかも取れるようになったし。こう即フィードバックとして来ると頑張ろうって思える。中学時代の部活もそうだったらよかったのに。まあしゃあがない。

 

昔、PixivFANBOX開設してたこともあるんですが、無名小説作家故、支援する人なんておらず、早々撤退したんですが、最近相方と共同でやろうかって話してます。まあ色々決まったらお話します。

 

そんなとこです。

吹っ切れて半月大学行かなかった頃に思ったんですが、わいは真面目に生きるのは向いてないなって思ってます。完全な自己主義で生きるのは無理だけど、自己主義気味に生きたいものです。