意味不明青年の朗らかな破壊

完全不定期に、小説書くのに行き詰った時や、なんか書きたくなった時に書くブログです。

10.11

大学の空きコマって言うのは、なかなかやる事がなくて暇を持て余しているので、珍しく昼間にブログ更新してみます。

 

https://seikagezora4.wixsite.com/seikagezora2/unresonable

お知らせなんですが、12月に恐らく私のベスト盤みたいな作品が出ます。「unreasonable」っていうタイトルです。日本語で「理不尽」っていうタイトルです。

なんでそんなタイトルにしたのか、っていう話は上記リンク先に書いてあるので、改めて言う必要はないなと思うので、書きません。

 

さっきふと思ったことなんですが、アスリート然りクリエイター然り、こう「裏ではこんなに努力してますよ」アピールを自分ですると見苦しくなるのに、ドキュメンタリーみたいに第三者が紹介するとなんで美化されるのかってとこに疑問を抱いたんですよね。なんででしょう。

 やっぱあれなんですかね、 毎日のようにあれができない、これができないって言うのを見てると、「うるせえな」ってなるんですかね。逆にドキュメンタリー番組見たいに、そんな毎日のワンシーンだけ切り取って、エモいナレーション編集が加わったら、こう「こんなすごい人でも、こんな努力するんだぁ」ってなるんですかね。そんなの偶像だ目を覚ませ。

 

これも幾度もなく言ってる気がするはなしなんですけど、相方が艦船擬人化界隈の方や、その他の絵描きさんたちに、合同誌とかの声掛けられてるのを見てると、なんだかやるせなくなってくるんですよね。

 確かに、私と相方じゃあ物書きと絵描きってグラウンドは違うんですけど、それでもまざまざと実力というか、才能の差を無意識に見せつけられてる気がします。それで色々私自身のやる気が削がれてるんですけど。今回出すって言っている傑作集は、そういう私の悪足掻きであり、あまり日の目を見せてあげれなくてごめんな、っていう作品たちへの償いです。

 正直何部も売れるなんて思ってないです。いつものように1、2部売れればいいやなんて思ってます。別に自信がない訳じゃなくて、本作ってまで「やっぱり売れねえ」ってとこでも悩みたくないので。ただ、一人でも良いから、誰かの胸の内に残ってくれればいいな、誰か一人でも相方の影響なしに、晴曇空っていうどうしようもねえ作家を好いてくんねえかな、って思ってます。だから今回相方の力を借りずに作るんです。

 まあそれがどんな結果になろうともいいやって思ってます。そればっかりは私がどう足掻いたところで、変わる部分は少ないと思うので。

 

 まあ、出た際はよろしくお願いします。

 

 

10.6

まさしく夏と秋の真ん中って感じがしますね。ただこのままだとエヴァの世界観になりそうな気もしますわ。晴曇空です。

ここ最近は今流行りのカスタムキャストで相方だったり、オリジナル艦娘のうちの子を作って可愛いを連呼してる日々です。例えるなら、定年退職迎えて空っぽになってたおじいちゃんが趣味を見っけて生き生きしてるような、ああいう感じな最近です。

なんだかんだ大学も始まってしまって、それなりに多忙な日々が戻ってきてしまいました。そしてその最初の授業でNHKハートネットTVでやってたらしい、夏休み最後の日に自殺する子が増える、ていう感じのを見たんですけど。

まぁ、あるよね。心の底から行きたくないっていうの。私なんかもいじめられてたりで、何回も思ったことあります。私の頃は今よりもこう、いじめに対する教師の考え方が『いじめられてる理由はお前にもあるんじゃないか』的な頃だったので、本当に行きたくなかった。まあそれでもなんとか行ってましたわ。親に行け行け言われて嫌々行ってましたけど、今考えればよう行ったな。えらいな。まあ最近のいじめ事情はプライベートっていうプライベートがないですからね。いじめられたりとかしてマジで行きたくないんなら、親にどうこう言われようが行かなくてもいい気はします。ただその代わり図書館とか美術館とかに行って、教養を深める時間に当てられればいいと思いますけどね。まあ、そうこう言ってる私は、大学の落ちこぼれまではいかずとも、資格諸々取れる希望がないくらいの成績なので、立派なことも言えませんが。

 

最近巷で色々話題になってる「神様、僕は気づいてしまった」っていうバンドにはまってます。ググると色々と某歌い手と某ボカロPがメンバーじゃないか的なお話も出てくるんですけど、ぶっちゃけ元々どっちも好きですし、メンバーが誰であろうが曲が好きなので、それはそれ、これはこれって聞いてます。でもなんかうん。そう言うのも分かる気がする。やっぱり私はダークな曲が好きです。特にamazarashiの初期曲みたいな、世界クソ野郎系がめちゃくちゃ好きです。

 

あんま書くことないけど、文字打ちたいなって書き始めた今日のブログなんですけど、案外また文字数多くなりましたわ。いやぁ毎度ごめんなさいね、長くてね。書き始めるとね、筆乗るんですよ。んで長くなるんです。

とはいえ、グダグダ書くことももうないので、ここらへんで。

それでは。

9.28

もう何もかも嫌になって自暴自棄になる生活をしばらく過ごしてました。晴曇空です。

相方に対する不安不満だとか、作家としての意識は高い癖に技術は全然なかったりだとか、空気読めない性格だったりとか、それはもう様々な事に嫌気が差して、数か月ぶりに廃人とか化してました。やっぱり人間、支えになってた物をが唐突に無くなった時ダメになりますね。ちなみに相方と別れたわけじゃないですよ?でもなんというか、気付いてるようで気付いてなかった二人の間のささくれが酷くなって、お互い辛くなったってところです。そんなこんながあったので、今回の砲雷撃戦のレポを書きません。書いたところで楽しい記事にはならないので。

そんな感じで今日バイトの給料が出て、夏休みだったのも相まってそこそこの金額が稼げたので、半ば自棄で半分近く一日で消費しました。まあ内訳としては、CHUNITHMの後継機であるオンゲキっていう金を吸い込む音ゲー(個人的にはすげえ楽しい)に三千円近く、新しいPCゲーを買うのに1万(メタギアVとRainbaw Six Siege)、1万のゲーミングキーボード、あとは毎月出てるPixivだとかニコ動の課金用カードに3千円。あとは今まで散々迷惑かけまくって、それでもまだ傍にいて支えてくれてる相方が欲しいって言った3千円くらいのアクリル絵の具。久しぶりに豪遊しました。この後は節約しますよ。

ここで、このブログを毎回欠かさず読んでる人は『あれ?』と思った、というか必要あるの?的な出費をしてることに気付いた読者さんいるでしょうか。いないか。

そう、『ゲーミングキーボード』。これ、お前の環境いる?

この記事を読めばわかる通り、私、ゲーミングノートパソコンなんです。

ゲーミングノートパソコン

ゲーミングノートパソコン

 

…いやね、しかもね、別にノーパソのキーボードが壊れたって話じゃないんですよ。別に普通に使えるんですけどね。

ただですよ、ゲーミングノートってゲームやると、発熱してキーボードがめちゃくちゃ熱くなるんですよ。しかもゲームやってると、ちょいちょい「やりにくいなぁ」って感じるようになってくるんですよ。

まぁそれでですね、今回いつものLogicoolさんのG413っていうキーボードを買ってきたんですよ。

ぶっちゃけ、今のところゲームが楽しいって言うのもそうなんですけど、一番痛感してるのは、文字打つのがめちゃくちゃ楽しい

元々私は、あの学校のパソコン室にある様な、一個一個のキーが浮き出たキーボードが好きなんですよ。イメージ湧かない人は上の商品の画像見てこい。ああいうのが好きなんです。カタカタカタって音がして、キータッチしてる感がバリバリあるのが好きなんです。ノーパソのキーボードは正直疲れるだけなんです、打ってても。だから、高校の時は部活に行くのが密かに楽しみだったんですよ。私高校の部活はパソコン部でしたし。って言ったってワープロ打ってるだけだったんですけど。

まあそんな話はさておき、今回これ買って家に帰って、セッティングしてツイッター開いてツイートしたらですね、いやぁこれがなっかなか。なっかなか素晴らしい。ヤバイ。打っててここまで脳汁でそうになったのは一体いつぶりだろう。そんなレベルでヤバかったです。文字書きの性。ちなみにゲームとしてはBF1をそこそこやったんですけど、あの、スペースキーが軽すぎてぴょんぴょん跳ねちゃう。これから仲良くしていかねば。デュアルモニターだからこそできたことなんですけど。

 

まあ、久しぶりに思い切り遊んだんで、少し気が晴れました。完全復帰まではまだまだ遠いですけど。まあゆっくりしてきます。

 

そんなわけで。また。

 

9.19 - 作家活動休止のお知らせ

ここ最近、なんだかんだ鬱いことが増えてきました。晴曇空です。今回もそれほど明るい話じゃないです。

私という人間は、どうも短く話を纏めるってことが出来ないので、こうして言いたいことがあると、こうしてブログに書き殴る癖が出来ましたね。実際、目に見えて出てくるので、自分の気持ちと向き合うには丁度いい機会です。

 

恐らく私のブログしか読んでない方には、どうでもいい話なんですけど、暫くの間作家活動を休止することにしました。つまり、私の中で色々と葛藤がむくむくと膨れ上がて来たので。

去年の末もこんな風に、創作をすることが嫌になったことがありましたね。まぁ、今回も似たようなもんです。10年も創作を続けてきた身ではあるんですが、作風と技術不足により、『ファン』という存在とはかけ離れた活動を続けてきました。まあ、今の相方に昔『評価なんて気にして何になるの』って言われたこともあるんですが、その相方にだってその絵が好きだという人間は私以外にもいましたし、今でもその言葉は皮肉だと思ってます。その話はどうでもいいんですが。

まぁ一時期ファンがいた時期もありました。書けば短くとも感想を言いに来てくれたりして、本当に作品を好きだっていう人間がいてくれるんだなあ、と思ったこともあるんですが、それもめっきり無くなってしまって。

でも、周りのクリエイターさんたちは一つ作品を上げれば、色んな人からいいねとかRTとか、感想とかもらってて、すごい何というか、羨望が強すぎて、焦りを感じてしまったわけです。恐らくこのことに疑問を持つ方は多いでしょうし、それを馬鹿だという方も言う方もいるでしょうが、評価されない時代があまりに長く続いたため、そういう何でしょうか、そういう部分に狂いが出ているんだと思うんですが。

今回の決断において、『創作をやめる』、というのは、大袈裟ではあるんですが、私の存在意義だとか、取り柄を放棄することに等しいんですよね。でも、つまんないと思って書いた作品が面白い訳がないですし、私もクリエイターとして、それを読んでくれる方々に対してどうなのか、というのもありまして、そういう結果にしました。いないとは思いますが、楽しみにして下さっていた方が居たら、本当にごめんなさい。

 

再開時期は未定とさせていただきます。休止期間に行われるイベント参加に関しては、サークルメンバーのhalさんと相談しつつ決めますが、恐らく私の新刊は出ないと思います。

 

そんなわけで。

これは負け組の遠吠えではあるんですが、もしこれを読んでる、様々なクリエイターが好きな方にこれだけは伝えておきます。「あ、この作品が好きだな」と思ったら、Twitterでも、恥ずかしかったらDMでも、最近は匿名でもそう言うのを届けられる時代になりました。そういうサービスを使ってでも、感想は言ってあげてください。短くたっていいんですよ。語彙力がなくても「あなたの作品が好きです」くらいは言えるでしょう。もしあなたが本当にその作家さんに、長く作品を出して欲しいと少しでも思うならば、言ってください。引退際になって、「やめないでください」とか「あなたの作品が好きでした」とか、遅いです。どうか、よろしくお願いします。

 

まぁブログは書くと思いますけどね。

作家として戻ってくるかはわかりませんが、またお会いしましょう。

作家"晴曇空"とは、暫しか、または永遠のお別れとなります。また、どこかで。

9.14

寝れねえ夜です。晴曇空です。

 

基本的にバッシングとかするのは好きじゃないんですが、あまりに度が過ぎる輩がいて、誰も何もせんので、流石に我慢できなくてそれ相応の事をさせてもらいました。どうせTwitterからブロックしてても、粘着質に私のことも監視しているんでしょうから言っておきますが、今のところは私「も」これ以上なにかアクションを起こすつもりは無いですが、被害が増えるようならば、警察等それ相応の場所に相談します。脅しでもなんでもなくしますので、まあ好き勝手やるのも大概にしろよ、と警告しておきます。さすが多方面に迷惑かけすぎやろ。

 

とまあ、そんなことをやってましたら、そいつに不満を持っていた、私が昔よく遊んでいたオリジナル艦娘界隈の方たちからフォローがどっと来ました。何故だか大手さんからもフォロー来てびびっております。僕そんな立派なことしてないんだけど。

 

オリジナル艦娘界隈ねぇ……。去年の冬辺りまでは結構精力的に活動してましたね、そう言えば。某氏の摂津感化され、ほぼ知らない船たちのことを調べて、興味でた子は無い画力を総動員して作ったうちの子達は今でも好きですよ?ただなんて言えばいいのか、自分のそういう子達があまり他の人に見られることが少なすぎて、嫌になって離れたような気がします。なんというか、その頃よく言ってましたけど、そもそも「オリジナル艦娘界隈」っていうジャンルが小さいのに、結局大手ばかり表に出て、水面下の色んな可愛い子達がなかなか見られない、っていうのはどうなんかと思ってましたわ。まあそれから半年以上経ってますから、今どうなってるのかは分かんないんですけど。ともあれ、あの頃恵まれなかった環境が報われた気がしますので、復帰しようかなという気持ちはあります。

 

まあでもなんでしょうね、冒頭に書いた案件は正直掘り起こしたくないので、詳細には書きませんが、小説であれ、イラストであれ、写真であれ、どんなものであれ、やっぱり第三者に言われてひん曲がった作品って言うのは、自分の作品とは言えないよなって改めて思いました。

作品ってのは、元来自分が良いと思って作って産まれたものだと思います。それが気に食わなくて「ああしろ」「こうしろ」って言われ泣く泣く書き換えたそいつは、文句言った奴が監修したものになって、別物になるんじゃないかと思うわけです。だったら聞かんでいいじゃねえかと。しつこいようならそいつを排除しろと。言い方過激ですけど。でもだってさ、大体クリエイターさんのTwitterフォローする人って、大抵そのクリエイターさんの作品が好きだからフォローする訳じゃないですか、それを第三者の介入によって変わったモノを見たいと思う人は正直少ないと思います。私はオリジナルが見たいと思います。誰の手もついてないやつをさ。

もちろんこれにもいろんな意見あると思いますよ?それを統制しようとは思いません。ただ、件の輩の様に、「ここが気に食わねえ」だの言うような声には従わない方がいいです。調子乗るんで。今件で痛い目を見た方結構多いと思います。創作ジャンルに関わらずね。偉そうに言いますが。

Twitterでも言いましたが、再三言います。創作は自由であるべきです。ですが最近の風潮は、その「自由」が履き違えてる気がします。

件の輩だって写真撮ってる訳ですし、まあなんだかん擬人化案を出してくる、それはまあ良いんです。というか、そこに誰も文句は言わないと思うんですよ。ただね、あんただって自分の撮った写真とかその案に「個性がねえ」「ここをもっとこうしろや」って言われたかねえだろって言う話ですわ。自分が良いと思ったものにケチ付けられるのどんだけ腹立つか知ってるだろと。お前が今まで色んなクリエイターにやってきたことは、つまりそういうことなんだよ。まあ、一部の人にさらにしている迷惑行為に関しては言及しませんが。私はまだ被害に合ってませんしね。

 

私は長い事自分の創作姿勢に対して葛藤してきました。このまま小説書いていいのか、読んでて楽しいか、私の作品を求める人はいるのか。分かんねえ分かんねえと叫びながら、時には他人に嫌われながらも模索してきました。そうしてようやく今の「書きたいものを、書きたいように」というスタイルを確立してきました。例え他人のものでも、そうやって苦労して積み上げてきたものを、いとも簡単に否定してきた、件の輩に腹が立った結果、今回の行動を起こしたわけですが。

正直、今回の行動において、誰かに賞賛されるものでもなければ、助けてもらえるものとは思ってません。私が勝手にキレて、勝手に始めたはた迷惑なものだと思ってますので。現に輩の被害者である相方にも「やめてくれ」という旨のことを言われたので。なので、今件で逆に界隈の皆様にフォローされたことに、戸惑いを感じてます。まあ嬉しいんですけどね。

 

でも、私個人的には、やっぱり「件の輩に対してアクションを起こしてくれた人」としてフォローされるよりも、「いちクリエイター」としフォローして頂きたい訳です。四苦八苦して作品を書いて、それでようやく得たフォロワーさんだと思ってますので、なんというか、こういうことで増えてしまうのもなあ、と。まあ、これを読んで、フォロー外すのならばそれはそれで責めませんし、それでもフォローして頂けるのならば、それは素直に「今後ともよろしくお願いします」って言います。相変わらずの作家としてのプライドの高さではありますが、ここまで積み上げてくるまでに結構苦労しましたし、いちクリエイターとしてお願いします。

 

2300文字だそうです。こんな長文誰が読むかって感じですが、今件に関して言いたいことはそれぐらいです。ネットに居続けてもう10年近くなりますが、改めてネットマナーとか、創作に携わる中で覚えておかなければならないことを考えさせられました。そういう意味では彼に感謝してもいいかもしれませんが、個人的に彼を許すのは難しいです。もし話し合いで和解したいのであれば、貴方が用意したテーブルじゃなく、私と彼双方に関係の無い第三者が用意したテーブルでのみ応じますし、それはきっと私だけではないでしょう。まぁ応じない人もいると思いますがね。

 

そんなところでしょうか。

長々と失礼しました。余計寝れなくなりました。どうしましょうね。まあいいや。

次ブログを書く時は、出来ればいつものようにバカくさい話を書けることを祈って。おやすみなさい。

8.30

寝れないです。晴曇空です。

 

久しぶりの熱帯夜(?)でなんか寝付けなくて、ずっと3-6で積んでた所、「そう言えば友軍でボス撃破したってええやん」って気付いてクリアしてやる気が戻ったドールズフロントラインのレベリングやら編成考えてたら余計寝れなくなって、文読めば眠くなるかってAPOLOGIESの秋田日記読んでも、欠伸は出ても寝れないので、ブログ書くに至りました。いつかのタモリ倶楽部で寝相選手権やってて、モデルさん達が携帯いじんないと寝れないって言ってたのを思い出して意外とすごいなって思いました。と同時に、寝る前に携帯いじると脳が興奮して寝れないっていう学説も本当なんだなとも。良い子は携帯いじんないでさっさと寝ようね。まあいいよ、明日休みだし昼過ぎまで寝てやる。

 

最近相方と揉めて、精神がガタ落ちして昨日めちゃくちゃ狂ってました。そのお陰で別れ話まで発展したんですけど、自暴自棄になって色々吐いてた相方の友人が裏でなんとか説得してくれたお陰で、破局一歩手前でつなぎ止めれました。昔よりは幾らかマシになってたんですけど、先の件が思った以上にダメージになってたらしい。人間としてはまだまだダメですね、本当。

 

新刊の原稿も一応微量に進んでます。でもファイル開いても一文字も書かないで閉じちゃう日々。ブログはいくらでも書けるんですけど、小説となると何故だか書けない。どうしたもんなんでしょうね。

 

あとはそう、この前ブログやTwitterで、「辛い時は人の目気にせず休め」って書いたんですけど、案外自分自身にも響いてたようで、今週月曜日から来週月曜日までまるっとバイト休みにしました。そこまで悪い職場じゃないんですけど、この所やらかしまくってて嫌になってたので、ちょっとした夏休みです。ぶっちゃけめちゃくちゃ楽です。有り余る時間好きに使えるって本当に素晴らしい。

 

書くことといえばそんな感じです。良い感じに眠くなったので寝ます。空が蒼くなってきた。

 

ではまた。

8.28

このブログを書く周期ってのは、大体何か書きたいことがあるとか、小説が書けない時が多いんですが、今回は後者です。晴曇空です。

9月初めに9月の砲雷撃戦新刊の締め切りがあるんですが、これっぽっちも書き進みません。なんというのか、自分の書きたい話にならない、というか納得できる話が書けないんですよね。今回の新刊は難産になりそうです。

 

このブログで砲雷撃戦後のレポート記事を書くのが、ちょっとした楽しみなんですが、もちろん砲雷撃戦中が一番楽しいのはそうなんですが、実はもう一個楽しみにしてるのがあって、それが行きの深夜バスなんですよ。

水曜どうでしょう」で大泉洋やミスターが深夜バスに乗って、めちゃくちゃ辛そうな姿を見ていた僕としては、実際に乗るまではさぞかし辛いんだろうな、って思っていたんですが、乗ってみるとそうでもないんですよね。いや、簡単には寝れないんだけど。

行きのバスでは、運転手の休憩のために足柄SAに三時間程度止まって、しかもバスの外に出れないので、初めてイベントに出た時はそれはもう大変でしたが、何回も乗ってると、その間だけ寝れるようになりました。個人的にはそこからが楽しみで。

この前のブログで書いたんですが、私は時間帯としては深夜から朝方が一番好きなんですね。そして、足柄SAを出発するのが大体午前3時、4時過ぎなんで、そのタイミングで起きると、丁度ジャストミートな時間なわけです。

足柄SAを出発するとともに起きて、そこから周りの睡眠の邪魔にならないようにカーテンと窓の間に顔を入れて、ただぼーっと窓の外を眺める。高速を降りて新横浜に着くまでは、まだ寝静まった市街の風景を、そして新横浜を出発してから新木場駅までは高速道路から見れる、東京特有の倉庫街と朝日、そして徐々に染まっていく都会の風景に、「おおっ東京だ」って純粋に心を躍らせる。この一連が流れがたまらなく好きなんです。

東京自体は何十回も言ってるんですよ。函館に住んでる時は静岡の祖母の家に遊びに行くときや、静岡受験の時の通り道として、中学の修学旅行も東京でしたし、そもそも親とも何回も遊びに来た記憶があります。でも、普段住んでない大都会で、しかも田舎者なので、あのビル群を目にすると、何回でも新鮮な気分になります。田舎者の特権。

新木場駅から東京ビックサイトまでの道中も好きなんですけどね。一緒に歩く相手がいるんなら、歩いて東京ビックサイトまで向かいます。普通にりんかい線使って行きゃあ良いんですけど、何せバスが新木場駅に着くのが6時で、最低でも時間潰せるビックサイト最寄りのマックが開店するのが7時なので、りんかい線使っちゃうと時間持て余すんですよ。丁度GWの砲雷撃戦がそうだったんですけど。

というか、普通にビックサイトまでの道中を歩くのもクソ楽しいんですよ?喋る相手いるなら。4kmっていう長い道のりですけど、若干治安の悪い新木場から倉庫街を通って、開けた橋の上からは小さく東京ビックサイトが見える。もう東京ビックサイトが見えたら未だに「東京ビックサイトや!!!」ってなります。あそこは俺たちの聖地だ。そしてそんな東京ビックサイトが徐々に徐々に近づいてくる。あの興奮ったらありゃしねえ。きっとコミケだったらもっとやべえんだろうな。

 

って感じで、砲雷撃戦行くときの私の感性は結構騒がしいです。いやでもマジで興奮する。サークル参加したことないって人は、今からでも小説なり漫画なり書きまくって、参加費6000~7000円と、本を20部くらい刷って参加するんだ。皆様の瑞加賀作品を僕は心よりお待ち申し上げております。

 

……うん、なんかだいぶやる気が上がった。というか、頑張るぞってなってきた。ほう、新刊の原稿書くのに詰まったらこういうブログ書けばいいのかなるほど・ザ・ワールド!!

このやる気が冷めないうちに原稿を書いてきます。鉄は熱いうちに打て。

 

 

…あっ、9月の砲雷撃戦で頒布する予定の新刊の代金先払い制予約と、既刊の通販やってます。興味のある方は覗いてみてください。

 

ではまた。