意味不明青年の朗らかな破壊

完全不定期に、小説書くのに行き詰った時や、なんか書きたくなった時に書くブログです。

2020.01.01

どうも。気が付いたら年が明けていました。なんならもう数時間で日も変わります。時が流れるのは早いですね。晴曇空です。

 

まずは先日のコミケありがとうございました。毎回ライブレポよろしく当日の様子を事細かに書いてたりしたんですが、今回はやめておきます。もちろん100%面白くなかった、と言うわけでは無いです。確かに本は全然売れなかったし、家から出た時精神はカッツカツになってたりもしましたが、巡り巡っていい刺激になったと思います。正直1月終わったら作家もまた休もう、と思ったんですけど、勿体ない程の経験をさせてもらいました。挫折も悔しさもひっくるめて、ありがとうございました。今年はなんも願わず、自分が書いてみたい作品を開拓していきたいと思います。正直、ここまでいろんなものを得た同人イベントは無かったと思います。

 

話は変わりますが、最近THA BLUE HERBにハマってきてます。元々秋田ひろむが好きなアーティストに名前を上げてたりとか、地味に欲しい歌詞を映し出すスピーカー、「Lyric speaker」の試聴に同グループの「時代は変わる Pt.1」があったりして知ってたんですが、この「時代は変わる Pt.1」が凄く気に入ってて、この度購入して聞いてみたんですよ。そしたらめちゃクソかっこよくて。もちろんメロディもそうなんですけど、歌詞がクソ好きで。

それでアルバム「STILLING, STILL DREAMING」とか「未来は俺等の手の中」とか買いあさってたんですけど、やっぱり最新から漁った方がいいかな、とか思って、去年の5月に出てた最新の「THA BLUE HERB」を買って聴いてたんですけど、何だろう、久しぶりにクソヤバいアルバムに出会いました。

ヒップホップ系と言えばwebnokusoyaroも聴いてますけど(もちろん最新アルバムの「もぬけ」も聴きましたよ)、webnokusoyaroの30曲はすんなり聴けるんですけど、あまりのリリックのパワーに何回か再生を止めてしまいました。すっげえしんどい。でも滅茶苦茶カッコいいし、言ってることは本当に的を得ていて、たまに皮肉も入って、マジで好きなアルバムになりました。下手したらamazarashiをも超えるかもしれない。

まだ全部のアルバムは聴けてないし、語るには早計過ぎる気もするんですが、とりあえずクソヤバいアーティストにまた出会ってしまいました。今年はamazarashiにTHA BLUE HERBにwebnokusoyaroにと忙しい年になりそうです。でも、こういうこのタイミングで、そう言うアーティストに出会えたって言うのは幸せなのかもしれませんね。この奇縁に感謝。

ちなみにリリックを書いてるILL-BOSSTINO氏が函館出身って言うのを聞いて、なんとなく親近感を覚えました。やっぱりあの函館っていう土地には何かありますね。

 

そう言う元旦を過ごしました。明日もバイトなので悠長にしてられないんですけど、年末年始に凄い良いインプットを見つけて吸収できたので、今年はクソ頑張れる気がします。頑張れ俺。雨に負けるな。

 

です。北海道、いつか帰りたいですね。

晴曇空でした。また書きます。

 

 

冬コミで頒布した新刊・既刊は2020年1月31日までコチラで通販しています。よろしくお願いします。

12.18

気がついたら12月も半ばになってしまいました。いかがお過ごしでしょうか、晴曇空です。

 

Twitterの裏垢フォロワー向けのブログを更新したら、このブログの存在を思い出して書いてます。昔っからブログという概念を忘れているわいなんですが、たぶん今後も忘れます。でも一ヶ月に一回は更新すると思いますので、今後ともお付き合いください。

 

それで、ちょっと早いんですが、今回は今年の振り返りみたいなのをして行こうかな、と思います。たぶん年末は冬コミだなんだと更新するの忘れそうだし。

毎年初めに平穏に生きたい、って言っているわいですが、相方と別れたりとか、故に長い期間鬱々としていたりとか、人間関係もしくじれば学業もクソほどうまくいかなかったりと、全然平穏じゃなかったすね。「死にたい」っていう言葉も何度も何度も言いましたが、結局今年も末まで生きてしまいました。たぶん今後もそういう感じなのかな、分からんけど。

あとはもうないです。amazarashiの曲を激推ししたくらいですかね。いやマジで。それぐらい空っぽな一年でした。

 

読者の皆さんはどんな一年でしたかね。前回他人のブログは読まない、って言いましたけど、トップ画面やプロフィールはちらっと見たことがあって、引きこもりの方から教員の方、っていうふうになんだか15人とは言え、色んな境遇の方に読んでいただいてるようで恐縮です。

まあ背景がどうであれ、それぞれがそれぞれに大変だったと思います。

 

今年も一年お疲れ様でした。多分今月また書くような気もしますが。

とりあえずこんな所です。

また書きます。

12.07

気が付けば12月も深くなってまいりました。いかがお過ごしでしょうか、晴曇空です。ちなみに読み方は「せいかげぞら」と読むんですよ。知ってました?知らないか。

 

と言うわけで、そろそろ何かブログ書きたいなぁ、でもなぁと思ってぐるぐるしていたら、ふといつもスターを付けてくださってる常連の読者さんを思い出したので、まあ関連するような話をしようかなと思います。

最初に申し上げておきたいんですが、今まで創作活動とかにおいて人間関係を気にしながらなんやかんややる、っていうのに疲れた人間なので、本当申し訳ないんですが、基本的に読者返しをしたりだとか、スターの付け返しっていうのはやってないです。もし、そこら辺を気にしているはてなブロガーさん居たらマジで申し訳なさでいっぱいなんですけど。読者さんがどういう記事を書かれてるのかも、わいは知らないですし。何度か言おう言おうと思って言えてなかったのですが、今回明記しておきます。ご了承ください。

 

それで、まあ、ここ最近数か月ぐらいですか、大体の記事にスターを付けてくださっている方がそれなりにいるんですが、なんというか、凄いしみじみとすることがあって。

今のブロガーさんが知ってるかは分からないんですが、わいは大昔、DSiの「うごくメモ帳」っていうアプリが最初の創作活動だったりするんですが、まあ、その頃はわいが投稿したメモにスターなんか付かなかったんですよね。まぁ基本何番煎じか分からないメモを投稿してたりしたので仕方がないんですけど。それからもう7、8年経った今、なんかこんな変なブログを書いて、読んでくださっている方がいるってのは、なんだか不思議だなぁ、って思うわけです。

だからと言って一流ブロガーになりたいって訳でもないですけどね。確かに今のわいなら例えば政治とか、世論の話を書いて、賛同者の方にガーっていっぱいスターとか賞賛、若しくは誹謗を貰う、その代わりそれで金稼ぐ、みたいな生活ってなんかやっぱ違うな、って思うわけです。わいの書くブログは、なんというか、自分が生きた証を残す、みたいな感じでやっていきたいし。多分読者さんもそう言う記事が読みたいんだと思うし。無理に変える必要もないんじゃないかなと。

これで読者が100人200人超えて、アクセスも日に100とか超えてくるようになったら広告収入的な何かは付けるかもしんないですけどね。はてなのそういうシステムどうなってるか分からんのであれですが。でも、方向性は変えないと思います。書きたいように書きます。amazarashiやwebnokusoyaro贔屓はするし、死にたい日の泣き言も書くし。

 

まあ、本当にわいのこういう文が好きなら、例えばpixivに上がってる小説とか読んでみてください。二次創作ばかりではありますけど、基本的に原作知らなくても読める感じにはなってると思いますし、そういう方からの感想とか頂いても嬉しいので。感想はこのブログのコメント欄にでも書いておいてくれれば、返信ぐらいはします。pixivのリンクは→https://www.pixiv.net/member.php?id=10183277 です。敢えてこの張り付け方にしました。読め。未だに昔の作品の評価がじりじり伸びてて、なんだかありがたいですね。

 

っていう感じです。12月、冬はなんだかんだセンチメンタルな気持ちにさせられますね。久しぶりに外向けというか、内向けなブログをかけた気がします。とりあえずいつもスターを付けてくださっている方々、ありがとうございます。また、読者にはなってなくても、いつもこの駄文を読んでくださっている方にも感謝です。

 

また書きます。

11.26

ここ最近更新頻度がクソ高いですが、多分今日までです。晴曇空です。

二年の秋程ではないですが、大学に行けない日々が多くて単位がやばくなってきました。過去にそう言う話を書いた時、「何で大学辞めないの?」とかそういう匿名の質問が来たことがあって、色々と言ったんですが、まあ、同じような経験をしたことが無い人じゃないと、この気持ちは分かりようがないので、今回は全スルーします。分かる人に分かればいい。

 

そんな今日はamazarashiのライブDVD『amazarashi LIVE TOUR 2019 “未来になれなかった全ての夜に”』のフライングゲット日です。てなわけで、武道館公演のDVDの反省を生かして、フライングゲットできるセブンイレブン受け取りにして、早速見てみたんですが、クソヤバかったです。各方面に買え買え言いまくってましたが、その期待を裏切らない、いや、遥かに超える映像でした。泣けました。

 

っていう感じで、詳らかに書いていきますんで、未視聴の方は一旦ブラウザを最小化して、DVDを全部見てから開き直してください。

続きを読む

小っちゃいお知らせ

お知らせだけの記事です。

 

わいのブログ活動って、古くは2012年ごろから書いてる古い活動なんですが、今月末を持ちまして、旧ブログの方を閉鎖いたします。

閉鎖理由は特にこれと言った理由はないんですが、まあそんな数年も前の記事誰が読むかっていう話もあるし、何か新しいブログを作ろうにもわいは無料プランでやってるので、裏でこそこそしているブログと合わせて3つで上限になってて作れない、って言うのもあるし、それが理由ですかね。

ちなみに既に記事のバックアップ自体は取ってあるので、どっかのタイミングで蔵出しするかもしれません。しないかもしれないし、何ならしないと思うけど。

 

です。まあ特にこれと言った面白いことは書いてない旧ブログですが、閉鎖します、っていう事で。興味のある方は今のうちに読んでおいてください。今以上に文が乱雑です。よくあれで小説書いてたな。やばいわ。

 

そんな感じです。

また書きます。

11.20

大学からお送りしております、晴曇空です。

さあやって参りました本日、amazarashiの新曲「未来になれなかったあの夜に」の先行配信とPV公開日です。

幾度とティザーをリピートしていたわいですが、amazarashi公式LINEから配信開始の通知が来た瞬間購入して、それからはずっとリピートしっぱなしです。あと、なんかiTunesストアではPVも発売開始しているようで、そちらも速攻購入。PVに関しての言及は今回は控えます。とりあえずamazarashiのコアなファンほど、多分鳥肌もんだと思います、だけ言っておきます。

 

さて、新曲。実はもともとAPOLOGIESの秋田日記にて、歌詞がされていたりしたんですが、今回のリリースされた音源は、さらに付け足しされてました。 秋田ひろむが意図してやったのか、それともレコーディング中に加えたのか……まあ、なんか後者な気がします。過去の秋田日記読む感じ。

前半の部分は秋田ひろむ自身のこと、そして 後半(付け加えられた部分)は、リスナーに向けてのメッセージ、そんな構成な気がします。

まあそれはさておいて、なんだか今までのamazarashiの曲たちの集大成みたいな感じがしますね。「世界嫌い」と歌っていた初期から、「そんな僕でも世界に居ても良いんだ」と気付いた最近の曲の要素がある気がします。個人的にめちゃくちゃ好きです。特に最後の一言は、秋田ひろむが珍しく笑った気がします。自分で書いててあれですが、それやばいな。泣けてくるな。

いやあなんか、本当今回の新曲は本当にamazarashiっぽい曲です。APOLOGIES入っておいてよかった。というか、生きててよかった。ガチ目にそんな事を思います。

 

また、今回横浜流星さんら若手の人気俳優さんが出てるって事で、多分MV目的で来週発売されるDVDを予約した方もいると思いますが、収録内容を見るに、おそらくMVは収録されてないです。なので、がっかりした方も多いと思いますが、どうか予約は取り消さないでください。

わいもこのブログで幾度となく買え買えと言ってきましたが、今回の買えはいつもの感じじゃないんですよ。

もちろん目当てのものが入ってないなら買わない、っていう気持ちは分かります。しかし、今回のライブDVDは恐らくamazarashiを知らない、そんなあなたにこそ刺さるライブじゃないかなあと思います。収録内容的に。

もちろん今後amazarashiを聴き続けろだなんて言わないし、合わなかったら合わなかったで良いです。でも、amazarashiは、秋田ひろむのあの歌は、歌声は、きっと気に入ってくれると思います。そして気に入ったら過去作品を漁るなり、ファンクラブに入るなりすればいいんです。ファンになるのに遅いも早いもないですから。だからそのまま買え。

 

また長くなった。こいつにオタク話させるといつも長いな。でもまあ、そんなもんです。新曲、めっちゃいいです。是非。ちなみにプチリリ歌詞追加しておいたので、対応ソフトで聞いてる方は何卒。多分誤字ないはず。あったら直しておいて下さい。

 

せば。また書きます。

 

 

ざまあみろ。

11.10

どうも。ブログのデザインを変えました。突然変えて戸惑え読者。晴曇空です。

今回のこのデザイン、元々Twitter裏垢のフォロワー向けのブログで使ってるテーマなんですが、この無骨さが凄く気に入っているので、このブログでも適用することにしました。

裏垢のブログって言っても、そんな大したことは書いてないです。まあ多少このブログよりは過激なことも言ってなくはないですが、まあでもそんな変わんないです。

(この行を消して、ここに「住みたい街、住みたかった街」について書いてください)

書籍化記念! SUUMOタウン特別お題キャンペーン #住みたい街、住みたかった街

書籍化記念! SUUMOタウン特別お題キャンペーン #住みたい街、住みたかった街
by リクルート住まいカンパニー

 

たまにはお題を使ってみます。5万円をくれ。

このブログでも何回も言及しているんですが、わいは昔函館に住んでおりまして、まあそれはそれはあんまりいい思い出もないんですけど、それでもやっぱり街としては好きですね。今でもこの時期になると住みたくなります。雪も降るし。

北海道っていう土地柄、雪のお陰で週刊誌や予約したCDは遅れて入荷するわ、早朝めっちゃ雪が積もってて腰痛い思いしながら雪かきしなきゃだし、なんなら車だって冬タイヤは必須で金もかかる、っていう感じで、まあ羨ましがられることもしばしばある北国の生活ですが、まあ色々と大変です。でもまあ、そこに郷愁を覚えているわいもいるもんで。多分帰ったら帰ったで愚痴も増えると思うんですが。

とはいえ、好きな季節は冬のわいのは、この雪の降らねえ本州生活もどっかつまんないんですよね。夜の寒さを肌で感じれば、十数年前の今頃は雪が降るのを今か今かと心待ちにしてたのを思い出しますし、雪虫が飛んでりゃあ明日は雪かなってまあそんな簡単に降っちゃくれないし、何なら夜降ってもまだそんなに積もんないんですが。でも、雪が積もってたらテンションは上がります。子供だったからねあの頃は。

まあそげな感じで、住みたい街は函館です。最早知り合いも友達も幼馴染も疎遠だし、親戚もいないので空っぽな街なんですけどね。でもだからこそ、今は住みやすいのかな、って思います。あ、でも同人イベント出るの大変だな。やっぱ静岡で良いです。

 

話題は変わりますが、年末の風物詩、『冬コミ』こと『コミックマーケット97』に、まさかのサークル参加いたします。まさかですよえぇ。まさか。

思えば今年の夏、仲の良い絵描きさんととある創作のストーリーボードを作ってて、その流れで軽い気持ちで冬コミを申し込んだんですよ。どうせ落ちるやろーっていう軽い気持ちで申し込んだらですね、まさかの受かってしまいました。はい。

と言うわけで配置場所は『月曜日(3日目) 南"ヨ"35b』、サークルは『ZENIT』です。わいは小説書きなので、恐らく自創作の艦船擬人化小説を出すと思われるんですが、進捗がやばいです。遊んでる場合じゃない。よろしくお願いいたします。長蛇の列に並んで「いつもブログ読ませて頂いてます!」って言いに来てください。握手ぐらいはします。新刊は買え。

 

です。また書きます。